【未来的デザインがいかす!】ボルボ「V40」2015年モデルが登場

ボルボV40の2015年モデルが登場しました。ボルボといえば四角くて丈夫な車、というイメージが強いですが、最近のボルボは四角くなくて、都会的なデザインになっています。このデザインが功を奏して日本国内でも売り上げを順調に伸ばしていますが、売れすぎたために離れてしまう昔からのボルボファンも少なからずいるようです。

ボルボ外装

世界的には価格の高いXC60などが売れ筋ですが、日本国内ではコンパクトボディのV40が落ち目だった(失礼)ボルボ復活のシンボルともいえるような売り上げを記録しています。

新モデルの主な変更点は、インテリセーフ10と呼ばれる先進安全支援システム、マルチメディアシステム「センサス」が全グレードに標準装備されるようになったところです。輸入車の純正カーナビというと操作性や機能に不安があるかもしれませんが、V40のカーナビは三菱電機製となっているのも隠れたポイントです。

パワートレイン

グレードはT4、T4SE、T5R-DESIGNの3つ。搭載されるパワートレインはT4、T4SEでは1.6Lターボエンジン(最高出力180馬力、最大トルク240Nm)+6速AT、T5R-DESIGNには2.0Lターボエンジン(最高出力245馬力、最大トルク350Nm)+8速ATとなっています。1.6Lエンジンでも180馬力と十分すぎる性能なので、日本国内の公道を走るだけだったら1.6Lエンジンでまず不満を観じることはありません。

燃費は1.6Lモデルが16.2km/L、2.0Lモデルが15.1km/Lとなっていますが、カタログ値とはいえ245馬力の2.0Lエンジンが15km/L台というのはすごいです。さすがにプリウスやアクアといったハイブリッド車が30km/L台であることを考えるとその半分という印象かもしれませんが、ガソリンエンジンだったらこれで十分です。

小回り

ちなみにT4とT4SEの旧モデルでは最小回転半径が5.7mとお世辞にも小回りがきくとはいえませんでしたが、2015年モデルでは5.2mと、かなり小回りがきくようになりました。T5R-DESIGNでは5.7mのままですが、これは標準で装着されるタイヤサイズが異なるためだと思われます。さすがに、このボディサイズで最小回転半径が5.7mというのはちょっと厳しいですね。

インテリア

スカンジナビアンと呼ばれるボルボ独特のインテリアは、同じボルボの上級モデルとなる60シリーズなどと比べると物足りなさを感じるかもしれませんが、V40でも十分に落ち着いた高級感を感じ取れます。ただし、センターにある10キーについて、使用頻度はかなり低いのではないかと思ってしまいますが。

ボルボインテリア

乗り心地

旧モデルのV40では、軽い車重にヨーロッパ仕込みの固めの足回りということで、道路の継ぎ目やマンホールといった小さな凹凸を乗り越えるたびに結構な振動が腰に伝わってくるなど、お世辞にも快適な乗り心地とは言えない部分もありました。柔らかめのセッティングが多い国産車と乗り比べるとその違いははっきりとわかるレベルだったので、試乗して「無理」と思った人も少なくないはずです。

新型では、基本となるシャシーを変更し、サスペンションの設定も柔らかめにしたことで、かなりソフトな乗り心地になっています。これだったら、国産車から乗り換えても違和感なく運転できそうです。

価格と装備内容

価格はT4が315万円、T4SEが365万円、T5R-DESIGNが436万円となっています。T4とT4SEの価格差が50万円となっていますが、主な仕様の違いとしてはカーナビの有無、パワーシートの有無、助手席シートヒーターの有無、ヘッドライトの種類(ハロゲン、LED)などとなっています。

単純にこれらの装備が50万円で揃うと考えると、決して高くはありません。ただし、パワーシートは走行性能に関係ないし(むしろ重くなってしまう)、ヘッドライトもこれまでハロゲンで特に不自由を感じたこともなく、助手席シートヒーターもあればあったで喜ばれるとは思うけど、使用頻度を考えるとこれが無いからと困るシチュエーションはそうそうないな、と考えると、一番安いT4にオプションでナビでもつければ十分かなという気もします。

自動ブレーキ、車線逸脱防止アラームといった先進安全装備を統合したインテリセーフ10と呼ばれる先進安全装備は全グレード標準装備だし、T4でも十分充実した標準装備となっています。

コストパフォーマンス

似たようなコンパクトカーとして、国産車だったらマツダ「デミオ」、ホンダ「フィット」などがありますし、T4でも315万円と決して安い車とはいえません。グレード構成にもよるとはいえデミオやフィットだとV40よりも100万円ほど安く購入できます。

ただし、ドアを閉めた瞬間にわかるボディのしっかり感(重厚感、ドアを閉めたときの音の違い)や、室内の雰囲気の高級感といったところではV40に軍配が上がります。これらを総合して考えると、V40はむしろ安いといってもいいくらい充実しているコンパクトカーです。輸入車に興味があるけど、あまり派手すぎたり大きな車はちょっと、という人にはちょうど良い車ではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件