【見た目も大幅に変更】フォルクスワーゲン「トゥアレグ」ビッグマイナーチェンジ

フォルクスワーゲンの最上級SUVである「トゥアレグ」がマイナーチェンジされました。

最近よく見られるビッグマイナーと呼ばれる見た目も大きく変わるものですが、興味深いのは今回のビッグマイナーチェンジの対象となったのがV型6気筒3.6Lエンジンを搭載したモデルだけというところでしょうか。

ちなみに、ダウンサイジングなるものが流行っているおかげで世界的にも直列4気筒2.0Lエンジンが増えつつある中、逆に3LクラスのNAエンジンの人気が高くなっているそうです。馬力やトルクといった数値が同じでも、やはり3Lクラスの余裕のあるパワーと重量感のある走りが好きな人が多いんですね。

トゥアレグ外観

変更点

今回のマイナーチェンジでの変更点は、デザインが大きく変更されたフロントマスク、最近流行の先進安全装置の追加などです。デザイン面では、フロントマスクの変更は見た目ですぐにわかりますが、そのほかにもクロームパーツをフロントからサイド、リアにまで直線的にあしらうことで高級感を出しています。

先進安全装置の中で最もわかりやすい自動ブレーキについては時速30km未満では前方の走行車両と静止している物体を検知、時速30km以上では前方の走行車両のみの検知となっています。

インテリア

フォルクスワーゲンというと、質素なイメージが強いですが、トゥアレグの内装はそんなフォルクスワーゲンの中では結構派手というか、高級感が強いものになっています。センター付近はボタン類も最小限に抑えられていて、すっきりとまとめられています。

トゥアレグインテリア

グレードと価格

グレードはベースグレードのV6(637万円)と、上級グレードとなるV6 Upgrade Package(686万円)の2つです。グレード名がわかりやすくて良いです。グレード間の装備の違いとして、走行レーン逸脱アラーム、リバース連動電動格納式ドアミラー、電動バックレストリリース、パノラマルーフなどの有無の他、シートの素材も違います。またUpgrade Packageにのみエアサスがオプションで設定されています。

先進安全装置のうち、Upgrade Packageにのみ装備されるのは車線逸脱防止アラームだけだし、そのほかの装備もほとんどベースグレードに標準装備されているので、よほどのこだわりでも無い限り標準となるV6で十分ではないかと思います。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件