アウディ「Q3」「RS Q3」をマイナーチェンジ 燃費・実力ともにアップ!

アウディ「Q3」「RS Q3」をマイナーチェンジ

アウディがコンパクトSUVである「Q3」「RS Q3」をマイナーチェンジしました。内容は各種装置、仕様の一部変更となっています。

q3外装

全幅は1,840mmとなっているので、日本人の感覚だとコンパクトとは思えないかもしれませんが、世界的に見れば比較的コンパクトな部類に入ります。日本でもホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」といったコンパクトSUVの販売が好調ですが、それらと比べると価格的帯が異なるので(もちろんQ3のほうが高いです)、直接のライバルということにはならなさそうです。

インテリア

q3内装

インテリアは最近の輸入車によく見られるように、ナビゲーション用のモニターが高い位置に装備されています。あまりごてごてした感じがなく、すっきりとした印象にまとめられています。

グレード

直列4気筒1.4Lエンジン+6速DCT+FFの「Q3 1.4TFSI」と「Q3 1.4TFSI Sport」、直列4気筒2.0Lエンジン+7速DCT+4WDの「Q3 2.0 TSFI Quattro 180PS」と「Q3 2.0 TSFI Quattro 220PS」、直列5気筒2.5Lエンジン(340馬力)+7速DCT+4WDの「RS Q3」の5つとなります。車の特性がそのままグレード名になっている感じですが、わかりやすくていいですね。価格はQ3が379万円~539万円、RS Q3が771万円となっています。

燃費

燃費はそれぞれ、1.4Lエンジンが17.4km/L、2.0L(180馬力)エンジンが15.0km/L、2.0L(220馬力)エンジンが14.9km/L、2.5Lモデルが13.0km/Lとなっています。国産ハイブリッドカーの燃費を見慣れていると燃費が悪そうに感じてしまいますが、ボディサイズや重量、排気量、非ハイブリッド車であることを考えれば、どれも十分な数値だと思います。

装備

自動ブレーキや車線逸脱防止機能といった先進安全装備はオプションとなっています。他には、ポジションランプに加えて、ロービーム/ハイビームともにLEDを採用したLEDヘッドライトもオプションで設定されています。

日常生活で使うだけだったらFFでも十分だし、雪道を走るにしても4WDモデルで十分すぎるほど十分です。340馬力のRSモデルの性能を使い切ることはまずないと思いますし、サーキットを走るような車でもないので、そんなパワーがどこに必要なのか?と思ってしまいます。RSに限って言えば、ターゲットがかなり絞られた車であることは間違いないと思いますが、似たような車(ハイパワーSUV)はポルシェを始めとして、欧米の高級自動車メーカーでは各種モデルが揃っているので、お金持ちには需要があるのでしょうね。

 

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件