ルノー「ルーテシア」0.9Lターボエンジンモデル

日本車ではあまり見ない排気量である0.9Lエンジンを搭載したモデルがルノー「ルーテシア」に追加されました。すでに国内で販売しているルーテシアには1.2Lエンジンが搭載されていますが、今回、新しく5速MT+0.9Lターボエンジンという組み合わせが加わりました。

ルノーエクステリア

0.9Lエンジン

直列3気筒エンジンは、従来の直列4気筒1.2Lエンジンから1気筒だけカットしたものになり、なかなか面白いエンジンと言えます。そんなエンジンの最高出力は90馬力、最大トルクは135Nmと従来の1.2Lモデルよりも当然パワーダウンしています。

ただし、日本車のいわゆるコンパクトカーでも1.0Lエンジンで100馬力以下の車は珍しくないので、走っていても極端なパワー不足を感じることはありません。5速MTなので、自分で適切なシフトチェンジをすれば大丈夫です。

実際に走ってみても、思ったよりも低回転からトルクがあるので、排気量が小さいからと特別な運転を気にする必要もありません。絶対的なパワー不足はどうしても否めませんが、そもそも0.9Lエンジンの車でパワーを必要とする走りをしなければいいだけで、日常使用であれば困ることもなさそうです。

ちょっと車に詳しい人なら「3気筒エンジンは音がちょっと、、、」などと思うかもしれませんが、高級車に搭載されている4気筒エンジンが気にならないように、3気筒だからとやかましいという事もありません。軽自動車のエンジンも多くは3気筒ですが、だからといってエンジン音がうるさかったり、不快になるような音が聞こえることもないですから、それと似たようなものです。

インテリア

インテリアの雰囲気は従来の1.2Lモデルから大きく変わることもなく、排気量が小さくなったからといって内装がしょぼくなるといったこともありません。ただし、特にメーター類が独特なデザインなので、好みはわかれそうです。エアコンやオーディオモニターの周辺は凹凸が少なく、つるっとした非常にすっきりとし他デザインです。あまりにすっきりとしすぎていて、人によっては寂しさを感じるかもしれませんが、ごちゃごちゃしているのが苦手な人には良さそうです。

ルノーインテリア

価格

気になる価格は208万円。200万円あれば、今話題のマツダ「デミオ」のディーゼルエンジンモデルも買えますし、ホンダ「フィット」も買えますから、価格のことだけを考えると購入の決め手にかけるかもしれません。

その代わり、内外装からエンジンまで、日本車には見られない独特な車なので、人と同じ車は好きじゃないという人にはちょうど良さそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件