【ダウンサイジング?】シボレー新型「カマロ」 リーク情報

2015年5月のデトロイトモーターショーで公開予定の新型シボレーカマロ、直列4気筒2.0Lエンジンモデルが補足されました。

カマロリーク画像 カマロリーク画像2

先に補足されている大排気量エンジンモデルに取り付けられていたリアスポイラーが無くなっていたり、マフラーも左右2本ずつの4本出しが、左右1本ずつの2本出しに変更されるなど、後ろからの見た目がとちょっと大人しくなっています。

アメ車もダウンサイジング

カマロに限らずマスタングにしても、アメリカンスポーツカーといえば5.0Lクラスも当たり前の大排気量エンジンというイメージが強いですが、さすがにヨーロッパでも売ることを考えるとダウンサイジングの必要性に迫られたのでしょう。エンジンが小さくなったことで軽量化も図れるため、それだけ走りにも好影響があるはずです。

一昔前のアメリカンスポーツカーといえば、いわゆる「直線番長」的なイメージで、大きなエンジンのおかげで直線はめっぽう速いけどコーナリングはさっぱり、というイメージでした。ところが、最近はコルベットもそうですが、足回りもかなりよくなっていて、ヨーロッパのスポーツカーに負けていないと評価されることもあります。

個人的には、やっぱりアメリカンスポーツカーといえばいわゆるマッスルカーということで、5.0Lや6.0Lくらいのエンジンを積んで、ドロドロしたエンジン音を聞きながら走る、というのも捨てがたいですが、そういう時代では無くなってきているということでしょうか。

 

画像出典:レスポンス

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件