ようやく落ち着いた?ホンダ「ヴェゼル」マイナーチェンジ

ホンダ「ヴェゼル」がマイナーチェンジされました。ヴェゼルといえばフィットと一緒にハイブリッドモデルがリコールを繰り返したイメージが強いですが、最近はようやく落ち着いた感じで、2014年度の販売台数ランキングでも上位に入るなど、売り上げも安定しているようです。

変更点

一部グレードに本革巻きステアリングが採用されたことと、ボディカラーに「ゴールドブラウン・メタリック」という新色が追加されています。

ヴェゼルマイナーチェンジ

ゴールドと聞くと派手なイメージがありますが、ゴールドブラウンということで、派手すぎず地味すぎずちょうど良い感じです。ただし、ハイブリッドモデルにしか設定がないので注意が必要です。上級グレードの専用色というのは、イメージカラー的なものもあるというのはわかりますが、ユーザーサイドから見るとちょっと不満といえば不満かもしれません。

パワートレイン

エンジンやトランスミッションといったところの変更はなく、装備類の充実がメインとなります。ホンダはダウンサイジングエンジンを新開発しており、最近発売された新型ステップワゴンにも搭載されていますが、さすがにマイナーチェンジではエンジンを載せ替えることはなかったようです。最近はマイナーチェンジでもちょっとした改良などで、ほんのわずかな燃費改善が見られることがありますが(0.2km/Lのように、本当にほんのわずか)、ヴェゼルでは燃費も変わっていません。

ちなみに、まもなく発売されるであろうヨーロッパ向けのヴェゼル(あちらではHR-Vという名前になります)では、ガソリン車の他に、ディーゼルエンジンモデルも用意されています。燃費は(ヨーロッパ方式の測定で)25.1km/Lとなかなかの好成績。日本でもマツダのおかげでディーゼルエンジンも人気が出てきたし、ヴェゼルのディーゼルを出せば結構売れそうな気もしますが、やはりハイブリッドを売りたいのでしょう。トヨタも海外ではディーゼルエンジンを搭載したモデルを売っていますが、日本国内で売る気は全くなさそうですし。

変更点

乗り心地の改善として、FFモデルのみですが、これまでフロントのみだった「振幅感応型ダンパー」が、リアにも採用されています。ちなみに、こういう装備ってあとから追加するくらいなら最初からつけておけばいいのに、いつも思ってしまいます。旧モデルを試乗したときには、特にリアから気になるような音や振動を感じなかったので、これがついたからといって極端に乗り心地が変わることもなさそうです。他には、IRカットガラス、UVカットガラス、プラズマクラスター搭載エアコンが全体タイプに標準搭載されました。

乗り心地の変更となると、わかる人にはわかるのでしょうが、たいていの場合は新旧モデルを乗り比べることもないでしょうから「リアにそんなものが追加されたんだ。へぇー」くらいのことかもしれませんね。

4WDの追加

今回のマイナーチェンジにより、ガソリンモデルの標準モデルである「X」にも4WDが追加されました。やはり、雪国に住んでいると4WDは必須でしょうからなぜこれまで無かったのかが不思議です。同じように、ガソリン、ハイブリッドモデルの両方ともに、一番高いモデルにFFしかないのも不思議といえば不思議ですが。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件