トヨタ「ヴィッツ」は購入して損なし?オーナーの満足度、不満点

今でこそトヨタのコンパクトカーといえば「アクア」というイメージが強いかもしれませんが(コンパクトカーというよりも、ハイブリッドコンパクトカーというイメージですが)、アクアがハイブリッド専用車であることから、ガソリン車のコンパクトカーといえば「ヴィッツ」ですね。さすがのトヨタだけあって、一口にコンパクトカーといってもアクア、ヴィッツの他にも、オーリス、スペイド、パッソ、bB、ポルテなど数多くの車をそろえていますが、ぱっと思いつくのはやっぱりヴィッツではないでしょうか。

ヴィッツ外観

ちなみに、海外ではヴィッツのディーゼルエンジンモデルやハイブリッドモデルも売られていますが、トヨタは国内ではディーゼルエンジンはやる気なさそうだし、ハイブリッドモデルはアクアと競合するためか売られていません。アクアってどうしても車内の狭さが目立つので、車内が広いコンパクトなハイブリッドが欲しいという人も少なくないと思いますが、おそらくそういう人たちはフィットのハイブリッドモデルに流れてしまっているのではないかと思います。そう考えると、ヴィッツのハイブリッドモデルがあっても良いような気がしますが、日本国内ではこのクラスのハイブリッドはアクア1本で攻めるというトヨタの姿勢なのでしょうか。

グレード構成と燃費

グレードは「F」、「U」、「Jewla」、「RS」の4つとなっていますが、「RS」はMTも設定されているスポーツモデルとなってちょっと別物といった感じです。「RS」は1.5Lガソリンエンジン、トランスミッションは5速MTとCVT、駆動方式はFFのみとなりますが、そのほかのモデルには1.5L、1.3L、1.0Lのガソリンエンジン、FFと4WDが用意され、トランスミッションはCVTのみとなっています。燃費は18.0km/L~25.0km/Lとなっていますが、スポーツモデルとなっているRSでも21.2km/Lとなかなかの低燃費となっています。

グレード間の違いはホイールの種類(RSのみ16インチアルミホイール、その他は14インチか15インチのスチールホイール)、エアコンの種類(マニュアル、オート)、専用エクステリアやインテリアのシルバー塗装の有無などとなっています。内装に派手さを求める価格帯でもありませんし、駆動方式と燃費を基準にして購入するグレードを選んでも良さそうです。RSは走りに重点を置いたモデルとなっているので、ほぼ指名買いになるのではないでしょうか。

ライバル

同じトヨタの中にも多くのコンパクトカーがありあすが、ボディスタイルや価格、燃費が結構違うので、予算が決まっていればあまり迷うことはないかもしれません。他社でいくとホンダ「フィット」、マツダ「デミオ」、日産「ノート」あたりに競合するグレードがいくつかあります。この中でヴィッツをお勧めするポイントがあるかというと、正直「これはヴィッツにしかない」というものがありません。となると、あとはもう見た目の雰囲気というか、好みで選んでしまえばいいのではないかと思います。

ちなみに、グレードやオプションで価格が変わるとはいえ、乗り心地も含めてマツダ「デミオ」が頭一つ抜け出ている感じですが、いかんせんディーラー網を見ると、マツダはトヨタよりもかなり劣ります。トヨタは地方にいってもディーラーがかなり充実しているので買った後もいろいろと安心ですが、マツダはちょっと地方に行くとディーラーの店舗がとたんに少なくなってしまうので、その辺が不安に感じる人はいるかもしれません。

トヨタ系列のディーラーはいくつもあるのにマツダのディーラーは一つもないというところは珍しくないと思いますし、日産やホンダと比べても少ない印象ですね。燃費についても、ハイブリッド車以外になるとトヨタの優位性はそれほどありません。

動画

ヴィッツRS

口コミによると

グレードによって結構評価がかわります。安いグレードになると、もともと期待値が低い分だけ期待を裏切れることもなく、あまり悪い評価はありません。ただし、1.0Lエンジンモデルについてはやはりパワー不足による走行性能の低さをマイナスポイントにあげる人が多く、高速道路や坂道では物足りなさそうです。

内装も高級感はないものの(高級感を求める車でもないですし)、価格相応といったところです。

RSモデルになると、やはりコンパクトスポーツモデルのリーダー格とも言えるスイフトスポーツと比較されることが多く厳しい意見も見られますが、よりスポーティーなG’zモデルになると専用チューニングが施されることもあって(かつそれなりに実用性もあるので)満足度が高いです。やはり、メーカーの公式チューニングというのは安心感もありますしね。

新開発された1.3Lエンジンは、燃費こそいいものの(FFのカタログ値で25km/L)、車そのものの乗り心地としてはそこそこといった評価が目立ちます。特別に良いという評価が少ない代わりに、悪いという評価も少ないので、この辺もやはり価格相応ということでしょう。

価格に比べて特別感があったりすることはありませんが高すぎるということもなく、信頼と安心のトヨタ車という点でも価格相応の車といったところではないでしょうか。少なくとも、買って損をしたと感じることはなさそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件