トヨタ「ランドクルーザー・プラド」ディーゼルモデル追加!激売れの予感!

トヨタ「ランドクルーザープラド」にディーゼルエンジン追加

トヨタ自動車が「ランドクルーザープラド」にディーゼルエンジンモデルを追加しました。トヨタがディーゼルエンジンを発売するのは実に8年ぶりとなります。

ランクルプラド外装

過去にはサーフなどにもディーゼルエンジンを搭載していましたが、環境基準の厳格化などにより国内では販売終了となっていました。

エンジン

新しく発売されるディーゼルエンジンの型式は「1GD-FTV」。最高出力は177馬力、最大トルク45.9kgfとなっています。馬力は普通ですが、さすがにディーゼルだけあってトルクがすごいです。

ランクルプラドエンジン

ちなみに、マツダのアテンザとアクセラに搭載されているディーゼルエンジンのスペックも馬力、トルクともにこのエンジンとほぼ同じ数値となっていますが、ランクルと同じエンジンをセダンに搭載していると考えると、これはこれですごいなと感じます。

このディーゼルエンジンモデルは、エコカー減税の対象となり、また、補助金を使うと最大24万円が給付されます。ここで、このディーゼルエンジンモデルのカタログ燃費は11.8km/Lと、ボディサイズや重量を考えれば立派なのはわかります。が、数字だけを見るとそんなに低燃費とは思えないのに、エコカー減税の対象となるというのがどうにも違和感を感じるのは私だけでしょうか?

なお、ディーゼルエンジンの話題が先行してしまいますが、ガソリンエンジンモデルでもATが6速になり、多段化されましたが、「ようやく6速化?」という気がしないでもありません。

価格

グレードは大きくわけて、「TX」「Lパッケージ」「TZ-G」の3つあり、「TZ-G」はディーゼルエンジン専用となります。同じグレードでTXの5人乗りだとガソリンエンジンモデルが消費税込みで約335万円に対して、ディーゼルエンジンモデルは消費税込みで約396万円と、60万円ほど高価になっています。さすがに燃料費でこの差額を取り戻すのはかなり難しいと思われるので、どうしてもディーゼルが欲しい、という人向けの車ということになります。

他社(主にマツダ)がクリーンディーゼルを販売していてもトヨタはひたすらハイブリッドカーしか売ってこなかったので、ハイブリッド以外にはやる気がないように思われていましたが、本領発揮というか、その気になればいつでも出来るといった感じです。さすが、人も金もあるだけのことはありますね。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件