【シートの質感がgood?】トヨタ「オーリス」マイナーチェンジ

トヨタ「オーリス」がマイナーチェンジしました。少し前に「シャア専用オーリス」なるものを作って話題になりましたが、車そのものは特に目立ったような特徴もない印象です。

オーリス外装

ダウンサイジング1.2Lターボエンジン

新しいオーリスの特徴の一つとして、1.2Lエンジンがあります。これは、小排気量エンジンにターボをつける、いわゆる「ダウンサイジング」と呼ばれる最近流行の手法です。

マツダがスカイアクティブでガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともに高い評価を得ているのに対して、トヨタはハイブリッドにばかり注力して、エンジンそのものの開発がおろそかになっている、とも言われていました。そこに、ようやくというか、今回のオーリスに1.2Lターボエンジンを投入してきたわけです。

ちなみに、1.2Lエンジンというと直列3気筒のものも多く見られますが、トヨタは直列4気筒としています。小型軽量化とうい観点からいくと3気筒が有利ですが、振動対策などの面から考えると4気筒が有利というのが一般的な考え方で、オーリスの場合も質感重視で4気筒となっています。

パワートレイン

トランスミッションはCVT、グレードによりFFと4WDが設定されています。ちなみに、このオーリスは世界戦略車としてヨーロッパでも販売される予定ですが、そちらでもCVTが搭載されるとのこと。ヨーロッパではMTの普及率が高く、かつ変速ショックがないCVT独特の動作が不人気ともいわれている中、燃費を優先してあえてCVTを採用したらしいです。果たして、これが吉と出るか凶と出るか。

日本国内に限っていえば、CVT搭載車も増えているので、あまり走りに興味がない人にとっては大きな問題にはならないでしょう。走りに興味がある人にはRSグレードに6速MTがあります。ヨーロッパでは1.2Lエンジンに6速MTの組み合わせもあるようですが、日本国内では今のところ販売する予定はないそうです。発売すれば意外と売れそうな気がしますけどね。

グレード

新型オーリスには、1.2Lガソリンエンジンのほかに、1.5Lエンジンモデルと1.8Lエンジンが用意されています。このうち、1.8LエンジンはRSグレードとなりトランスミッションは6速MT+FFのみとなります。1.5LにはFFと4WDがありますが、こちらはCVTのみとなります。オーリス以外の似たようなボディサイズの車として、スズキ「スイフト」、マツダ「アクセラ」、ホンダ「フィット」などがありますが、どれもMTモデルは全てFFのみとなっているので、このくらいのボディサイズで4WD+MTがあったらいいのになぁ、といつも思ってしまいます。

インテリア

インテリアは価格相応で、可もなく不可もなくといったところです。まぁ、インテリアに期待するような車でもないですし、誰からも嫌われることのなさそうなデザインになっています。

オーリスインテリア

最上級グレードとなる120TとRSに装備されるシートは、サイド部分も肉厚でホールド性が高そうな形をしているので、これだったら長距離移動でも楽そうです。廉価モデルとなる1.5Lでも、質感は多少劣るものの、シートとしての性能は期待出来そうです。トヨタに限った話でもありませんが、最近はそれほど高級でない車でも、シートがかなり良くなっている印象が強いです。

オーリスシート

価格

価格は1.2Lモデルが約259万円、1.8LのRSが約246万円、1.8Lの180Sが約237万円、1.5Lモデルが約178万円~約228万円となっています。1.2Lが一番高くなっていますが、間違いではありません。しかも、1.2Lモデルは標準だとカバー付きのスチールホイールです。

LEDヘッドランプの他、自動ブレーキといった先進安全装置が標準装備となっていますが、それでも一番排気量の小さいモデルが一番高いというのは、不思議な感じがしますが、それだけの価値がある車だとトヨタが自信を持っている証拠でもあるのでしょう。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件