トヨタ「アクア」マイナーチェンジでより快適に

今ではプリウスと並んで日本を代表するハイブリッドカーになった感じのある、トヨタ「アクア」が2014年末にマイナーチェンジされました。

マイナーチェンジの内容として、1灯の光源(ライト)でロービームとハイビームを切り替え可能なものに変更、外観の変更による空力の向上、内装の質感向上やサスペンションのチューニングなどとなっていて、燃費や動力性能は変わりません。また、ボディカラーが新しく追加され、全14色となりました。昔のトヨタからは考えられないような派手な色も増えましたね。

アクアマイナーチェンジ

旧モデルとの比較

最近はマイナーチェンジでもビッグマイナーチェンジと呼ばれる、大幅に手を加えるものもありますが、アクアに関しては、見た目も大きく変わらず従来のマイナーチェンジのイメージ通りの内容となっています。

旧モデルでは道路の凹凸を拾いやすい印象がありましたが、マイナーチェンジにより乗り心地がかなり改良され、また、ハンドルを切ったときの動作もより正確になっています。これらは、サスペンションのチューニングによるものだけではなく、ボディ剛性が高められた結果だと思われます。

新グレード「X-URBAN」

一番大きなトピックとして、新しく設定されたグレード「X-URBAN」があります。
これは、従来モデルよりも車高が高くなった「SUVっぽい」モデルで、明らかに車高が高くなっているのでぱっと見でもわかると思います。

 

「SUVっぽい」と言ったのは、SUVと呼ぶにはちょっと中途半端な感じがして、あくまでも車高が高いアクアといった感じが強いからです。おそらくアクアという車のイメージが強すぎるのだと思います。

同じような車として、スバル「インプレッサ」の車高を上げた「XV」という車がありますが、こちらはボディサイズがアクアよりも大きいためか、よりSUVっぽく見えます。スバルというブランドイメージも効いているかもしれません。車高が高くなったことで、乗り心地が悪くなっていないか?という疑問もあるかもしれませんが、乗り心地に関しては何の問題もなく、視線が高くなったことで運転しやすくなっています。

X-URBANモデルの燃費は標準モデルに比べて3.2km/Lダウンしていますが、車重が増えたことで燃費の算出方法に影響が出たためと思われます。それでも特に意識しなくても実燃費は20km/Lを超えますから、トップクラスの低燃費には間違いありません。

燃費だけが注目されがちなアクアですが、マイナーチェンジにより基本の性能とも言える乗り心地と走行安定性がかなり高くなっています。ハイブリッドなんて、と思っている人にこそ一度乗ってみてほしい車ではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件