【大人のためのシックな86】トヨタ86 スタイルCbが登場!

トヨタ「86」といえば、今や日本では数少なくなった2ドアスポーツカーですが、そんな86をエレガントにしたモデル「86スタイルCb」が登場しました。ちなみに、CbはCool Beautyの略だそうですが、今時クールビューティーなんて、日常会話で出てこないような単語ですね。

86cb外装

86と比べるとまずはヘッドライト周りの違いがすぐにわかります。86はとんがった目つきなのに対して、スタイルCbは丸い形をしています。フロントバンパー全体が丸みをおびていることもあって、見た目の印象が86よりもずいぶんと柔らかくなっています。

そういえば、古いポルシェにもこんな感じの丸っこいヘッドライトがありましたね。ちなみに、86のバンパーとヘッドライトをCb用に付け替えられないの?と思った方もいると思いますが、バンパーを交換すると車の全長が変わってしまうので(通常の86よりも70mmほど長くなっています)単体での販売は今のところ予定はないそうです。バンパーのためだけに公認改造とかとるのはさすがに面倒くさそうです。

インテリア

外観だけでなく、インテリアもより落ち着いた感じになっていて、木目調のパネル、なんとなく懐かしさを感じさせるメーター、Cbエンブレムのついた本革巻きステアリングなどが装備されます。2ドアスポーツカーに木目調のパネルというのが、なんとなく違和感がありつつも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ただし、若い人からすると、この木目調というのは年寄り臭く見えるかもしれませんが、ターゲットにしている購入者層は若くない人なのでしょう。

86cb内装

グレード、価格

グレードは1つで、ATとMTを選べます。価格は、ATが約426万円、MTが約418万円と、ベースとなっている86GTに比べて100万円ほど高くなっています。このくらいの価格になると、他社の3Lクラスの2ドアクーペや、2ドアクーペにこだわらなければ輸入車も買えてしまうので、若い人が簡単に手を出せる車とはいえません。

若い女の子にも受けそうなデザインだと思いますが、この車を買える女子というのはかなり数が限られてしまいそうです。国内外を問わず、派手なデザインの車が多い中、落ち着いた雰囲気が良いという人もかなりいそうですが、やはりこの価格が唯一のネックになりそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件