スズキ「ハスラー」のオーナー満足度調査。購入後の感想は?

なんとなく似たような形ばかりが出そろってきた軽自動車に新しくSUVっぽい形でデビューしたスズキ「ハスラー」。見た目のかわいらしさと実用性の高さから、好調な売れ行きとなっています。軽自動車でも4WDは珍しくありませんが、乗用車タイプだと車高が低いし、かといって車高が高いものを探すとジムニーくらいしか選択肢がない中で、特に女性に受けそうなデザインとなっています。もちろん、男性が乗っていても違和感はありませんが。

ハスラー外装

そういえば「ハスラー」という車名について、海外だとあまり芳しくない意味(ポルノ雑誌と同じ)となるということで少々騒がれたりもしましたが、ハスラーに限らず、日本語に限らず(海外の地名でも日本でいかがわしい意味になってしまうものが珍しくありませんから)似たようなことは少なくないので、気にする必要はないですね。

インテリア

ハスラーインテリア

インテリアは白とオレンジが用意されていますが、どちらも車の内装としては珍しい色ではないでしょうか。オレンジや白といった明るい色はあまり見たことがありませんが、どちらもドライバーの気持ちが明るくなりそうな色ですね。ただし、ドライバーは毎日乗っていればこの色にもすぐに慣れそうですが、たまにしか乗らないときは特にオレンジが目に入りすぎて落ち着かないかもしれません。

ハスラーシート

黒いシートには青、オレンジ、赤、白のラインが入るのもなかなかオシャレな感じです。まぁ、座ってしまえば目に入って来ることはないのですが。運転席の位置調整として、前後のほかに上下方向に40mm調整することが出来ます。40mmというとかなりの量なので、背の低い女性にとってはかなり助かりそうです。一部のグレードを除きますが、フロントシートにはアームレストも設定されています。軽自動車だとアームレストが無いことが多いので、これは嬉しいポイントですね。

助手席シート下のシューズボックス、買い物袋を下げるフックなど、日本車らしい細かいところまで気の利いた内装も使い勝手がとても高くなっています。

グレード、燃費

グレードは「A」「G」「Gターボ」「X」「Xターボ」があり、それぞれにFFと4WDがあります。トランスミッションは全てCVTとなり、「A」「G」「Gターボ」には5速MTも設定されています。スズキという会社の規模から考えるとパワートレインは少ないほうがコスト的には助かるのでしょうが、やはり積雪地域に住んでいると4WDは必須なので、外すことは出来ませんし、意外なことに年輩の方から「乗り慣れているから」とMTの要望も多いそうです。

価格(税抜)は「A」\999,000~、「G」\1,074,000~、「Gターボ」\1,234,000~、「X」\1,318,000~、「Xターボ」\1,384,000~となっています。燃費は24.2km/L~32.0km/Lとなっていてなかなか優秀なのですが、最近は軽自動車でも30km/Lを超える車が珍しくないので、もう普通程度にしか感じなくなってしまいましたね。

「X」「G」のCVTモデルには「Sエネチャージ」と呼ばれるハイブリッドシステムが搭載されています。ハイブリッドと聞くとどうしてもモーターだけで走行するイメージが強いかもしれませんが、Sエネチャージでは発進、加速時にモーターでエンジンをアシストするという方式を採用しています。

動画

口コミによると

エクステリアについて、さすがにけちをつける人はまずおらず、軒並み80点以上の高評価となっています。ハスラーの場合は見た目で選ぶ人が多そうですから、これは順当な評価ではないでしょうか。インテリアについても高級感はないもののシンプルなデザインと、収納の豊富さ、使い勝手の良さから高評価となっています。白やオレンジといった明るい色も高く評価されています。

エンジンについては、やはりターボエンジンモデルのほうが坂道や高速道路などでは余裕があって良いみたいですが、通勤やちょっとした買い物に使う程度であればターボモデルでなくても十分という意見が見られます。唯一、かんばしくない評価が多く見られたのは乗り心地ですが、全体的に「ふわふわ」するという意見が見られました。まぁ、車高が高い軽自動車(車重が軽い)という条件なので、なかなか落ち着いた乗り心地を出すのは難しいと思われます。逆にあまり固くすると今度は道路の凹凸を乗り換えるたびに腰に振動が響く、ということになりそうですから、メーカーとしてもセッティングについてはなかなか悩ましところではないでしょうか。そこそこ古い車から乗り換えた人たちからの評価としては、それほど悪い評価にもなっていないので、価格なども含めて考えれば悪くはない、いったところでしょうか。

乗り心地が唯一かんばしくない評価となっていますが、総合満足度としては100点満点で80点以上を付ける人が多く、買ったことを後悔している人はほとんどいません。見た目のインパクトだけでなく、車としてもしっかりと作られていることがわかります。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件