スズキ「新型アルト」 これぞ正統派の軽自動車

スズキ「アルト」といえば軽自動車を代表する車といっても過言ではありませんが、そんなアルトの新型が2014年末から発売されています。

最新アルトの画像

新型アルトは、2WDのFFで37.0km/Lという低燃費を実現していますが、それを可能にしたのは「超」軽量ボディです。

この軽量ボディはあまり大々的にアピールしていませんが、実はかなり優れています。最近は軽自動車といっても、豪華装備や衝突安全性能の向上のため車重が800kgを超えるものも多く、中には1t近くになるものもあります。そんな中、新型アルトは最も軽いもので610kgというダントツの軽さを実現しています。

正統派たる理由

売れ筋ではないグレード(標準装備がほとんどなく、燃料タンクも小さい等)の車重を軽くすることで実現した低燃費を大々的にアピールする車もありますが、アルトに関してはそのような飛び道具的な手法は使われていません。最も重いものでも670kgと、十分に軽くなっています。 低燃費の実現には、この車重の軽さが貢献しているのは間違いありません。

ただし、車が軽すぎると乗り心地が良くないのでは?というイメージもあるかもしれませんが、しっかりとしたボディとよく出来た足回りのおかげで、快適な乗り心地を実現しています。

ヘッドライト周りの見た目もかなり特徴的で、そのデザインに関しては賛否両論が見られます。ただし、あくまでも好みの問題であって、古くささを感じたりすることはありません。 自動ブレーキといった先進安全技術は一部のグレードに標準装備、その他のグレードではオプションで取り付けることができます。

自動ブレーキと誤発進防止装置、エマージェンシーストップシグナルがセットで\21,600と非常に安価なので、もしものことを考えればオプションで取り付けるのがおすすめです。

トランスミッションについて

トランスミッションはCVTとAGSの2種類が用意されています。
CVTは以前から見られるオートマチックトランスミッションの一つです。AGSはオート・ギア・シフトの略で、クラッチがついたマニュアルトランスミッションと基本的には同じものですが、「クラッチを踏む+シフトチェンジ」を機械が自動的に行うようになっている、いわゆるセミオートマチックです。

このAGSはなぜか最も安いグレードにしか設定されていませんが、アルトターボRSという走りを重点においたモデルにもAGSが採用されていることから、性能が劣っているわけではないということはなく、むしろかなりよく出来ているトランスミッションといえます。

比較ポイントと決め手

アルトターボRS

アルトターボRSは発表されるまでその存在があまり報じられていなかったことから、発表されたときにはかなり大きな話題となりました。同じように走りに重点を置いた、趣味性の強い軽自動車としてダイハツ「コペン」などがあります。

軽自動車である以上、エンジンのスペックは上限で64馬力と決まっているので、走りの決め手になるのは車重です。アルトターボRSではFFモデルで670kg、4WDでも720kgという軽量化を果たしたことで、車好きの間では最速の軽自動車との呼び声が高くなっています。 最近の軽自動車は背が高く、豪華装備でリッターカーにも負けない快適性を身につけていますが、新型アルトは軽自動車の基本(お手本)ともいえる車ではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件