【内装もクール!】スバル「エクシーガ クロスオーバー7」発表

スバルがエクシーガの後継モデルとなる新型「エクシーガクロスオーバー7」を発表しました。

エクシーガ外装

グレードはアイサイト搭載モデルの1種類(275万円)しかないので、購入時に迷う心配もありません。取り付けるオプションにもよりますが、諸費用込みで300万円前後から、といったところでしょうか。購入時にしか選択できないメーカーオプション(工場でしか取り付けられないもの)は本革シート(\108,000)しかないので、こちらも迷う心配が少なそうです。個人的には革シートって満足感だけの問題なので、あまり重要な装備ではないと思っています。

シートヒーター、パワーシート、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグは全て標準装備となっています。その他のオプション類はディーラー取り付けとなるので、購入した後からでも取り付けられます。ちなみに、盗難保険は購入時の装備しか保障しないので、ナビやアルミホイールを盗難保険に入れたい場合、購入時にオプションで取り付ける必要があるので注意が必要です。

ボディサイズ

スバルにはフォレスターという本格派4WD車がありますが、ボディサイズを比較するとフォレスターの全長×全幅×全高(mm)=4595×1795×1715に対して、エクシーガクロスオーバー7は4780×1800×1670となっています。全高はフォレスターのほうが高いものの、全長、全幅はエクシーガクロスオーバー7のほうが若干ではあるものの大きくなっています。

最小回転半径は5.5mと、ボディサイズから考えると妥当なところですが、フォレスターは5.3mとなっています。ぱっと見だとフォレスターのほうが大きそうに見えたりと、ボディサイズと小回りについてはちょっと意外な感じもします。じゃぁ、その分だけ室内空間が広いのかというと、そうでもなくエクシーガクロスオーバー7の室内長と室内幅はフォレスターよりも狭くなっています。

インテリア

エクシーガインテリア

スバルに限った話ではありませんでしたが、以前は日本の自動車メーカーで技術に定評のあるところは内装が残念、と言われることが多くスバルもその中の一つでした。ところが最近はだんだんと良くなってきており、エクシーガクロスオーバー7でもなかなか落ち着いたデザインとなっています。シートやステアリングのタンカラーも華やかさを醸し出しつつも派手すぎない良い感じとなっており、落ち着いているものの年寄りくさい雰囲気もありません。

搭載されるパワートレインは水平対向4気筒2.0Lガソリンエンジン(最高出力173馬力、最大鳥区24kgf・m)とCVTの組み合わせとなっています。エンジンの特性を変更できるSI-DRIVEとパドルシフトもついているので、マニュアルモードで軽快に運転することもできます。

7シーター

7シーターというと最後尾、3列目のシートは足下、頭上が狭くて非常用にしか使えないイメージもありますが3列目も左右独立リクライニングシートを採用するなど、この手の車としてはなかなかしっかりとしたスペースを確保しています。燃費をよくするために少しでも軽くしようと後部座席のヘッドレストをとってしまう自動車メーカーもある中、ヘッドレストもきちんとしたものがついているし、おまけではないしっかりとしたシートとなっています。

エクシーガシート

ただし、どうしても後輪の上にシートが乗るような形になってしまって頭上が若干狭くなっているので、背の高い人はきついかもしれません。 大人数で乗りたいけど背の高いミニバンはちょっと、という人にもおすすめできる車です。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件