三菱「アルトランダー」ビッグマイナーチェンジ 外装もアグレッシブに!

アウトランダー ビッグマイナーチェンジ

三菱自動車がアウトランダーのビッグマイナーチェンジを実施しました。

アウトランダー外観

見た目が下手なフルモデルチェンジ並にがらりと変わっています。元のデザインはどちらかというと大人しく、悪く言うと野暮ったかったのですが、新デザインはなかなかアグレッシブなものになっています。

価格

ガソリンエンジンモデルは252万円~321万円(税込)、PHEVは360万円~459万円(税込)となっています。価格差がかなり大きくなっていますが、自宅に充電設備を設置できて、毎日の通勤がかなり長く(往復50km以上)、かつ長期保有を前提とするなら元がとれるかもしれません。

そうでない場合は、無理してPHEVモデルを買わなくても、ガソリンエンジンモデルでも十分です。もちろん、お金のためじゃなくてエコのために高くてもPHEVを買う、という場合は引き留めることは出来ませんが。

インテリア

アウトランダー内装

PHEVモデルについては、エクステリアと同じようにインテリアも高級感がないという意見が多かったせいか、インテリアも結構デザインが変わっています。ステアリングは3本スポークから4本に変わっていますし、全体的な雰囲気が1クラス上がった感じとでもいえばいいでしょうか。

PHEVはヨーロッパで人気があるらしく、高級車からの買い換えも多いということで、そういった人たちも満足させられるようにと内装にも気をつかったそうです。ちなみに、ガソリンエンジンモデルはPHEVよりも安価なこともあってか、変更点は少なくなっているとのこと。確かに、PHEVはガソリンエンジンモデルよりも100万円ほど高くなっていますからね。

変更点

基本的なパワートレインは変わりませんが、PHEVの制御に変更が加えられたり、遮音材・吸音材の追加により車内の静粛性が一段と高まっています。地道な努力として、ハイブリッドモード時の燃費は18.6km/Lから20.2km/Lへと向上しており、EVモードでの走行距離もカタログ値で60.2kmから60.8kmへと向上しています。

そのほかにも、各種制御の変更により、トラクション性能や旋回性能などが高まっているそうですが、この部分が○%向上したと聞いても普通の人はピンと来ないでしょうし、乗っても実感しにくいと思います。マイナーチェンジでがらりと変わった車を見るたびに、最初からやっておけばもっと売れたんじゃないの?といつも思ってしまいます。

旧モデルでは、車としての性能はいいもののデザインがいまいち、特にPHEVだと価格に比べて内装も高級感がない・・・という意見はネットでもちらほら見られましたが、新しいデザインはそう感じていた人たちにも受け入れられるのではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件