【待ちに待った!】日産「エクストレイル」ハイブリッドモデル登場!

日産「エクストレイル」に待望のハイブリッドモデルが登場しました。

エクストレイル外装

旧型のエクストレイルではクリーンディーゼルが設定されていたものの、マニュアルトランスミッションしか設定がなかったこともあってか、販売的にはいまちいでした。

ディーゼルに見切りをつけたのかどうかわかりませんが、エクストレイルが現行モデルにフルモデルチェンジしたときに、「ディーゼルはなし。ハイブリッドは遅れて発売」とアナウンスされており、ようやくハイブリッド車が登場したというわけです。旧モデルのディーゼルモデルでは、MTだと奥さんが運転できないという理由で断念した人が多かったそうですが、ハイブリッドはもちろんAT(CVT)なのでそういった心配は不要です。

ハイブリッドシステム

エクストレイルハイブリッド

搭載されるハイブリッドシステムは全くの新型というわけではなく、「フーガ」や「スカイライン」で搭載されているものと基本的には同じものです。時速120km/hまでモーターのみでの走行が可能、使用する電池はリチウム電池となっています。

気になる燃費はFFで20.6km/L、4WDでも20.0km/L。トヨタ「ハリアー」のハイブリッドモデルの燃費が約21km/Lなので、なかなかいい勝負になっていますね。とはいっても、都市型SUVのハリアーに対して、エクストレイルは「ハイブリッドにしても本格派4WDとしての性能に妥協していない」ということなので、同じ土俵では比較できないのかもしれませんが。まぁ、エクストレイルでもオンロードしか走らないという人も、少なくないと思いますが。

ハイブリッド4WD

ハイブリッドカーで4WDというと、前輪はエンジン+モーター、後輪はモーターで駆動するものが多い中、エクストレイルはプロペラシャフトを使った昔ながらの(?)4WDとなっています。ちなみに、三菱自動車のアウトランダーPHEVは前輪と後輪にそれぞれモーターを使った4WDとなっていますが、ほぼ市販車のままでラリーレースに出場して好成績を残していることからも、後輪をモーターで駆動するから4WDとして駄目ということはありません。それでも、やっぱりプロペラシャフトを車の真ん中に通して、機械的に後輪を動かすほうが「四駆」という感じがするのは、気持ちの問題が大きいのでしょうね。

インテリア

エクストレイルインテリア

インテリアでは、メーターの間にハイブリッドのエネルギー表示が加わっていますが、そのほかの部分はガソリンエンジンモデルから大きく変わるところはありません。センター周りはちょっとボタン類が多くて、ごちゃごちゃした感じです。

安全装備

いわゆる自動ブレーキ、車線逸脱防止アラーム、踏み間違い防止機能などが標準装備となっています。後ろから近づいてくる車を知らせてくれるアラートシステムや、全方位が見渡せるアラウンドビューモニターなどはメーカーオプションとなります。

価格と燃費

価格は、FFが約280万円、4WDだと約300万円~324万円となっています。同じグレードのガソリンエンジンモデルとの価格差は約30万円となっていて、だいたいどこの自動車メーカーもガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの価格差はこれくらいになっているので、妥当なところでしょうか。

ガソリン価格を140円とし、ガソリンエンジンモデルの燃費をカタログ値16km/Lの8割で12.8km/L、ハイブリッドモデルの燃費を同じくカタログ値20km/Lの8割と16.0km/Lとすると、1km走るのに必要なガソリン代はそれぞれ、約11円と8.8円、価格差は2.2円となります。単純計算では、13.6万km以上走行しないと差額の30万円を取り戻せないことになります。減税も含めて計算するともう少し数値は変わりますが、それでも10万kmくらいは走らないと元がとれないので、「お金よりもエコ」という人でもない限り、車の使い方を考えてどちらのモデルを買うか決めたほうがいいです。これはエクストレイルに限った話ではなく、どのハイブリッドカーにも言えることですし、実際に試乗してみて乗り心地などを確かめた上で、価格差に見合った満足感があるかどうかも含めて決めるのが良いですね。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件