日産「スカイラインクーペ」Q60初公開! ファン待望か

新型スカイラインクーペ

新旧モデルの併売と聞くと日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、ホンダ「フィット」が新型になっても「フィットシャトル」は旧モデルが売られていたり、全くないわけでもありません。同じように日産「スカイライン」でもセダンは新型(ハイブリッドモデルと、メルセデスベンツ製のエンジンを搭載したガソリンエンジンモデル)を売りながら、クーペは未だに旧型を売っています。そんなスカイラインクーペ(のコンセプトモデル)が2015年の上海モーターショーで中国初公開となりました。

q60外装 q60外装2

「Q60コンセプト」と名付けられたこの車は、コンセプトといいつつも、時期型スカイラインクーペとなるはず。まぁ、極端に言ってしまえば現行スカイラインがセダンからクーペになっただけ、ということもあってか、コンセプトモデルにありがちな未来的すぎて市販化できそうもないデザインではなく、そのまま市販してもおかしくないデザインとなっています。市販するには、ホイールが大きすぎる気もしますが、この辺はショーモデルということで派手になっていると思われます。

q60内装

内装はコンセプトモデルっぽいものになっているので、新型スカイラインクーペとして売るのであれば、現行スカイラインと同じようなデザインに落ち着くのではないかと(勝手に)思っています。というか、同じ車のセダンとクーペで内装が違う、というのも違和感があります。

ボディサイズ

コンセプトモデルのサイズは全長4,690mm、全幅1,865mm、全高1,370mmとなっていて、現行のセダンタイプのスカイラインよりも、全幅が大きく、全高が低くなっています。同じスカイラインで4ドアとクーペにするなら、全幅と全高は同じでもいいような気がしますが、こちらもあくまでもコンセプトモデルということなのでしょう。

パワートレイン

ちなみに、市販については2016年度になるだとう、とのこと。今のところ、パワートレインはV型6気筒3.0Lガソリンエンジンだけということがわかっています。現行のスカイライン(セダン)だとガソリンエンジンモデルは2.0Lエンジン(メルセデスベンツ製)だし、ハイブリッドはないの?って感じです。

まぁ、実際に発売が近づけば、またいろいろとわかってくるでしょう。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件