新型「ムラーノ」ハイブリッドモデルも登場!

アメリカではすでに販売している日産の新型ムラーノですが(日本では2015年初の発売予定とされています)、2015年の上海モーターショーではハイブリッドモデルが紹介されました。

ムラーノ外観

ボディの大きな車として、トヨタはハリアーにハイブリッドモデルがあるし、三菱もアウトランダーにPHEVがあって、マツダはディーゼルエンジンと、各社がその環境性能をアピール出来る車を持つ中、日産はちょっと出遅れた感じがするのは、EV(電気自動車)を推し進めたゴーンCEOの影響が少なからずありそうです。リーフっていまいち存在感が無いような気がしますしね。

パワートレイン

搭載されるエンジンはスーパーチャージャー付きの2.5Lガソリンエンジン、バッテリーはリチウムイオン電池、トランスミッションはCVT、FFと4WDが設定されます。なお、ムラーノにハイブリッドモデルが設定されるのは、これが初めて。というか、日産で本格的なハイブリッドモデルが登場したのは結構最近になってからのような気がします。

日産のハイブリッドカー

日産にもハイブリッドカーを名乗っているモデルはすでに多くありますが、あまり大々的にハイブリッドカーとは宣伝してきませんでした。というのも、現在売られている日産のハイブリッドモデルは「スマートシンプルハイブリッド」と名付けられ、あくまでもエンジンの補助としてモーターを使うというもので、モーターのみでは走行できません。

ハイブリッドカーというとどうしても、プリウスのように最初はモーターのみで走るものというイメージが強いので、そうとは知らないオーナーから「ハイブリッドなのに」と苦情が来るのを避けるために控えめな表現になっているのかな、と邪推してしまいます。スカイラインあたりからはモーターのみでも走行できるようなシステムになってきたからか、堂々とハイブリッドカーであることをアピールしている感じがします。まぁ、これは日産に限った話でもなく、同じようにモーターのみで走行できないタイプのハイブリッドシステムを搭載している車はあまりハイブリッドという単語を使ってアピールしていませんね。

インテリア

そういえば、新型ムラーノのインテリアがアメリカで「10ベストインテリアオブ2015」という賞を受賞しました。これはその名前のとおりインテリアに着目した賞ですが、日本車というと性能はいいけど内装はいまいち、と言われた時代があったので、このような賞を受賞するようになったのかと嬉しくなりますね。価格帯を考えればもともと安くない車とはいえ、それでも十分に高級感のあるインテリアになっていると思います。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件