日産フーガ ビッグマイナーチェンジ

フーガといえば日産の高級車ですが、スカイラインに引き続きこちらにもインフィニティバッジが装着されることになりました。現在のフーガは2009年に登場したものなので、時期的にはフルモデルチェンジされてもおかしくありませんが、今回は日産曰くビッグマイナーチェンジとのこと。 ちなみに、インフィニティとはアメリカにおける日産の高級車ブランド名で、トヨタでいうところのレクサスに当たります。

日産、国内ではフーガで行く

トヨタは日本国内でもレクサスを展開していますが、日産としては今のところインフィニティを日本国内で展開する予定はなさそうです。それだったら、インフィニティじゃなくて普通の日産バッジでもいいようなものですが、日産車の中でも別格だということをアピールしたいのでしょうか。確かに、価格的には最も安いモデルで約410万円、最も高いものだと約680万円となっているので別格と言えなくもありません。それでも、1,000万円オーバーの車があるレクサスと比べると(限定生産ながらLFAという車は約3,500万円でしたね)、割安感を感じてしまうのは不思議なものです。 ビッグマイナーチェンジというだけあって見た目も結構変わっています。旧型もけっこうイケイケの顔つきをしていたと思いましたが、新しいフーガを見たあとだと少々おとなしく見えます。

フーガ1出典: http://www.nissan.co.jp/FUGA/exterior.html

走りに関して

エンジンは333馬力の3.7Lと225馬力の2.5L、ハイブリッドモデルでは3.5Lエンジン+モーターで364馬力となっています。ハイブリッドモデルのカタログ燃費は18.0km/Lと、今時の大排気量高級車は燃費が良くなくてはいけない、といった感じです。

ちなみに、2.5Lと3.7Lエンジンではどちらもカタログ燃費は10km/Lを下回っていて、こちらはこんなものでしょう。 搭載される各種先進安全装備はグレードによってはオプション扱いになるものもありますが、それでもフル装備てんこ盛りといったところ。いわゆる自動ブレーキに関しては、前方の車だけでなくさらにその前の車まで検知しています。

フーガセーフティー出典:http://www.nissan.co.jp/FUGA/safe.html

その他の機能について詳しく説明しようとすると、それだけでかなりのボリュームになってしまうので簡単に言うと、高級車の名に恥じぬ装備を贅沢に準備している、といったところです。 グレードによっては20インチという巨大なホイールを装着していますが、乗り心地はもちろん快適そのものです。

なおかつ、アクセルを踏めばそれに答えてくれる、スポーツセダンとしても十分な走行性能を備えています。 スカイラインもそうですが、フーガでも人に運転してもらうのではなく、自分で運転するのが楽しくなる車です。ベンツは人に運転してもらう車でBMWは自分で運転する車、という例え話がありますが、日産車の場合は明らかに後者、自分で運転するのが楽しい車ではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件