ホンダ「シャトル」公式HPにて紹介開始!実際の性能等は?

ホンダから間もなく発売される「シャトル」の概要が、HPにて先行で紹介されていますが、シャトルという名前からわかるように「フィット シャトル」の新型モデルとなります。

シャトル画像1

ヘッドライトの形は現行フィットと似ていますが、フロントバンパーの形など、フィットよりもより「アグレッシブ」になっている印象があります。

グレードとパワートレイン

グレードはハイブリッド、ハイブリッドX、ハイブリッドZ、ガソリン車のGの4種類となっていて、すべてにFFと4WDが設定されます。5ナンバーワゴンのハイブリッドというのは発売されている車種がほとんどないし、また、4WDが設定されているというのもポイントが高いです。

ちなみに、GグレードのGはガソリンのGなのでしょうが、わかりやすくていいですね。フィットのガソリンエンジンは1.3Lと1.5Lの2種類がありましたが、サイトを見る限りシャトルではガソリンエンジンモデルは1つだけのようです。おそらく新開発されたダウンサイジングエンジンを搭載してくるのではないでしょうか。

トランスミッションはフィットやヴェゼルのハイブリッドでリコールを繰り返したのと同じものが搭載されますが、最近は落ち着いた感じなのでリコールの心配はしなくても良さそうです。

フィットやヴェゼルではハイブリッドモデルにしかつけられないオプションが結構ありました。ハイブリッドモデルが高くて買えないというよりも、単純にガソリンエンジンモデルが好きという人も少なくないでしょうから、そういう人たちのためにも、できればオプション類はグレードにかかわらず取り付けられるようにして欲しいものです。(ホンダに限った話ではありませんが)

インテリア

インテリアは最近のホンダ車、フィットやヴェゼルと同じようにエアコン類の操作ボタンもタッチパネルとなっています。ナビ画面からエアコン操作ボタンまで、凹凸のない一つの「面」となっていて、かなりすっきりとした印象です。

ハイブリッドモデルではシフトノブもかなり小型になっていると同時に、電動パーキングブレーキを採用したことで、サイドブレーキのレバーもなくてこちらもすっきりとしています。ガソリンエンジン車にしか乗ったことがないと、シフトレバーが小さすぎてなんとなく心許ない感じもしますが、ハイブリッド車に乗ったことがある人には違和感もなく受け入れられると思います。

シャトル画像2

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件