ホンダ「S660」オーナーの乗った感はいかに?この車は買いか?

最近のホンダ車としてはおそらくダントツで注目を集めたであろう「S660」。かなり若い人がプロジェクトリーダーを務めたことも話題になりましたが(まだ20代の人をつかまえて将来の社長候補とかさすがに言い過ぎだろうと思いますが)、車そのものの評価もものすごく高くなっています。某パンメーカーが毎年春に実施しているパン祭りではありませんが、さしずめ「ホンダS660べた褒め祭り」の様相を呈しています。そのくらい、褒めちぎる記事が多いです。

といっても、けちを付ける人も少数ながらいることは確かですし、そういった方々の言っていることも間違っているとは言えません。まぁ、そこはそれぞれの価値観次第ということですね。

s660外装

パワートレイン

一番の特徴はなんと言ってもエンジンが運転席の後ろにあること。これってフェラーリ、ポルシェ、国産車だとホンダのNSXのような高級スポーツカーによく採用されている方式です。おそらく現在売られている国産車ではS660くらいではないでしょうか。

エンジンは専用ではなく、N-BOXなどで使われているものをチューニングしたものですが、さすがに専用で開発したら車両価格がものすごいことになりそうです。発売前には雑誌などで「100馬力エンジン搭載か?」などと騒がれもしましたが、残念ながら64馬力のままでした。近い将来何らかの形で100馬力仕様が出るのではという噂もありますが、嘘か本当かわかりません。

トランスミッションはCVTのほかにも、軽自動車では初となる6速MTも採用されています。なお、グレードは2つしか設定されておらず、違いは装備類のみとなっているので購入時にはあまり悩むこともないのではないでしょうか。

インテリア

センターコンソールは幅が狭くなっていて、カー用品店などで売られているDIN仕様の機器は取り付けることが出来ないので注意が必要です。その点を除けば、デザイン、質感ともに軽自動車の中でもトップクラスといっていいと思います。軽自動車なのでお世辞にも広い車内とはいえませんが、そこが逆にスポーツカーのコクピットっぽく感じていいかもしれません。

s660インテリア

走り

S660の走りの特徴を挙げるとすれば、「楽しさ」ということになるでしょう。これはいわゆる自動車ジャーナリストたちによる試乗レビューでも言われています。軽自動車なので64馬力の規制があるし、最高速度なんてたかがしれています。そ

んな制約の多い中、運転する楽しさを追求している訳ですが、反面、スポーツカーに求められるような「過剰なパワフルさ」などは皆無といっていいでしょう。300馬力のエンジンなんて公道で使い切ることはまずあるはずがないのですが、それでもそんな車に乗っているという満足感とちょっとした加速時などにその片鱗を味わう楽しさ。そういった「背徳感」のようなものはS660にはありません。あくまでも、「誰でも」「安全に」「楽しく」「気楽に」運転できるように作られた車と言えます。ただし、この「誰でも」「安全に」というのはS660に限らず自動車として必要不可欠なものです。

そこに、いかに「楽しく」「気楽に」という要素を加えられたのか、というのがS660の醍醐味ではないでしょうか。したがって、「緊張感」をもって運転するようなスポーツカーが好きな人からすると、とても「ぬるい」車に見えるかもしれませんが、それはそれ。人それぞれ、楽しみ方があるというものです。

動画

口コミによると

エクステリアについてはほぼ満点近い評価となっていて、けちを付ける人はいません。インテリアについては、DIN規格のオーディオ機器などが取り付けられないということで残念がる人もいます。ただし、DIN規格が収まるようにするとセンターコンソールの幅が広くなってしまうので、デザイン面などを考慮するとやむを得ないのではないでしょうか。

また、「コペン」のメーカーオプションのように、普通サイズのナビをセンターに据え付けると、やたらとモニターが目立ってしまいますしね。ただし、この点を除けば質感、デザインなどに関する満足度は非情に高くなっていて、不満らしい不満は見られません。

エンジンについては軽自動車だからと割り切っている人が多いです。もともと、S660という車は「速く走る」というよりも「楽しく走る」ための車ですし、あくまでも軽自動車の枠に収まっているので過度な期待は禁物です。ただし、「楽しく走る」ことに関しては不満もなく、車高と目線の低さのために体感速度が高く、あまりスピードを出さなくても公道で楽しく走れる、という意見が多いです。実用性はないけど、毎日の通勤が楽しくなりそうです。

乗り心地については、固いという意見が多く見られますが、不快という意見は見当たりません。実燃費については、街乗りで15~16km/L、高速で25km/L程度のようですが、運転次第ではもう少し伸びそうです。

なお、S660を生産している八千代工業では生産台数を2割増強したということですが、もともと40台/日だったものが48台/日になってもまだまだ少ないなぁ、と感じてしまいます。今から注文しても納車まで1年近く待たされることを考えると、もっと頑張ってほしいところですが、そう簡単にはいかないのでしょうね。

S660という車の評価は、この車に何を求めるかで大きく変わりそうです。サーキットなどで神経を張り詰めながら走ることに楽しみを見いだすような人には、つまらないと感じるかもしれません。逆に、サーキットなんて一生行くことはないだろうけど、車が好き、運転が好きという人にはこれ以上の車はないのではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件