ホンダ 待望の「S660」発売

モーターショーでコンセプトモデルが発表されてから、発売が待たれていたホンダの軽自動車オープンカー「S660」が2015年3月30日に正式発表されました。その数日前から、プロトタイプの試乗レポートがインターネット上に溢れかえっていたのが、印象的でした。

同じ時期に、マツダの新型ロードスターもプロトタイプの報道が解禁されたらしく、インターネット上はS660とロードスターのレビューだらけでした。軽自動車と普通乗用車という違いはあれど、日本の自動車メーカーが作った2シーターオープンカーがこれだけ話題になるというのは、やはり嬉しいものがあります。

スポーツカー受難の時代とも言われた近年にあって、ハイブリッドでもなく、実用性もかなり低い2シーターオープンカーがこれだけ話題になり、発売初期の段階とはいえ、販売見通しも明るいというニュースは、日本国内にもまだまだ車好きが大勢いたのだと安心します。

s660エクステリア

見た目はほぼ、コンセプトモデルのとおり。市販モデルとコンセプトモデルを並べて見比べれば違いはいろいろあるのでしょうが、ぱっと見の印象はそのままですね。正しく唯一無二の存在といっても過言ではないと思います。

グレード

エンジンは1種類、αとβの2種類のグレードにそれぞれ6速MTとCVTが設定されます。燃費はCVTが24.2km/L、6速MTで21.2km/Lと今時の軽自動車にしてはぱっとしない数値かもしれませんが、もともと燃費を気にするような車ではないということを考えれば十分だと思います。αとβの違いは、クルーズコントロールの有無の他には、いろいろなところが本革巻きになったり、メッキパーツが使われていたりと、性能的な違いよりもデザイン面での違いが大きいです。

基本となる運動性能には違いがありませんし、ベースグレードとなるβでも標準装備は充実しているので、見た目をあまり気にしないのであればβでも十分ではないでしょうか。変わったオプションとして、アクティブスポイラーがあります。

s660リップ

これは時速70km/hを超えると自動的にせり上がってくるリアスポイラーです。発売前には、上級グレードとなるαにしか設定できないのではないか、という噂もありましたが、カタログを見るとαでもβでも取り付けられます。

その他、オプションとしてエアロパーツがかなり充実していますが、全部つけたらかなりの金額になりそうです。何も付けない「素」でも十分かっこいいと思うので、最初からあれもこれもとつけなくてもいいのではないかと思います。

簀巻きのロールトップ

いろいろと噂のあった天井部分ですが、実際にはぐるぐると簀巻き状になるソフトトップで、ロールトップと呼ばれています。ただし、左右から巻き取らないといけないので、右側を巻いたら今度は左側に移動してまた巻いて、とちょっと面倒くさい感じになってしまいました。

ロールトップ

オープンカーにするためにはこうするしかなかったのでしょうが、時間にすればわずかなものなので、慣れてしまえば苦にはならないでしょう。ちなみに、取り外したロールトップはフロントフード(普通の車でいうところのボンネット)の中に収納できますが、そうすると収納スペースはほとんどなくなってしまいます。

まぁ、そういった実用性は最初から考えてないのかもしれませんし、実際のところ実用性を求めてこの車を買う人はいないでしょうから問題なさそうです。 ロールトップの耐久性について、メーカーでも念入りに確認しているのだろうとは思いますが、北海道といった積雪地域に住む人からすると、やはり雪が積もったときのことを考えると不安だと思います。

それを見越してか、ホンダ車のチューニングパーツを製造販売している無限からカーボン製のハードトップが発売されますが、価格が税込みで約23万円となかなかのお値段になっています。カーボンだから軽いのかと思いきや、重量は20kg程度になるということです。今時ボンネットだってカーボンだったらもっと軽そうなものですが、万が一のときには人命に関わるところなので頑丈に作っているのでしょうか。とはいえ、出先で取り外しても車内に保管するスペースがないし、手軽につけたり外したりするものではなさそうです。

インテリア

インテリアで面白いのは、左右のシートの色を別々に設定できることですが、グレードとボディカラーが限定されるので注意が必要です。

インテリア1

インテリアは、余計なものがなくてかなりすっきりしています。メーカーオプションとしてセンターディスプレイを選択すると、アプリをインストールしたスマホのナビ画面を表示させることができます。センターディスプレイはナビ以外にも各種メーターの表示や、リアカメラの映像なども表示させることが出来ます。

いわゆるDIN規格の機器を取り付けることは出来ませんが、狭い車内にDIN規格のオーディオをつけるとかなり目立ってしまうので(ダイハツ「コペン」の大画面ナビはあまり評判がよくありません)、デザイン的にはこれがベストでしょう。

インテリア2

座り心地

軽自動車で2シーターと聞くと狭そうと思うかもしれませんが、逆に後部座席がない分だけ前後方向にはかなり余裕があります。

左右方向については軽自動車の規格上、どうしても限界はありますが、スポーツカーのコクピットと考えれば狭さも雰囲気作りに役立ちそうです。それに、オープンカーにして走れば、狭さを補って有り余る開放感に包まれることは間違いありません。

シートはもちろん専用の新設計です。 乗り心地 運動性能に関して、エンジンは軽自動車の自主規制で最高出力64馬力に決まっていて、最大トルクは10.6kgf・mと、他の軽自動車と比べて数値上は大差ありません。専用エンジンでもなくN-BOXなどで使われているものを流用し、アクセルを踏んだときのレスポンスを向上させるなどして、スポーツドライビング向けにチューニングしています。

さすがにコストを考えれば、専用エンジンを作るのは無理でしょうね。 雨後の竹の子のように一斉に掲載された試乗レビュー記事でも、パワーについては予想通りという内容のものが多かったものの、高回転までよく回るレスポンスの良さが好評でした。軽自動車初となる6速MTは、「意味もなく動かしてみたくなるような操作感」を目指しただけあって、とてもスムーズに動きます。足回りについても好評で、がちがちのスポーツカーのように固められていることもなく、しなやかにサスペンションが動くことで、低速から高速まで気持ちよく運転できる味付けとなっています。 軽自動車であることを考えると決して安い車とは言えませんが、運転が楽しい車としては高くもないと思います。日常の通勤や買い物を楽しくしてくれる車として、これ以上の車はなさそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件