そこまでの高性能は必要?レジェンド

ホンダから復活した「レジェンド」。高級車らしい充実装備はもとより、SH-AWDと名付けられた3.5Lエンジン+3つのモーターを使う4WDシステムも大きな特徴の一つです。

ちなみに、プリウスにはモーターが2個搭載されています。レジェンドの場合、フロントにエンジン+モーター×1個、左右の後輪にそれぞれ1個ずつ、合計3つのモーターを使っています。単純に言うと、フロントのモーターは燃費向上のために使う普通のハイブリッド車と同じ、後輪のモーターは左右別々に回転させることでコーナリング中の旋回をスムーズにする(思い切り簡単に言えば、速く走るためのもの)というものです。

レジェンド1

たとえば、戦車のようにキャタピラーを使う場合、右側のキャタピラーをとめて左だけ動かすと、右折します。ちょっと極端な例でしたが、同じように左右後輪の回転数を変えることで、フロントタイヤの向きに加えて、後輪を使っても車を曲げることが出来るようになります。

といっても実は同じようなことはすでに実用されていて、三菱のランサーエボリューションにはS-AWCという4WDシステムが搭載されていて、こちらも同じように左右のトルク配分を買えることで高速コーナー中の旋回性能を上げています。では、レジェンドの何が新しいかというと、モーターを使っているところです。モーターを使った4WDとしては三菱自動車のアウトランダーPHEVがありますが、これは前輪と後輪にモーターが1個ずつで2個のモーターを使っているので、またちょっと違います。

レジェンド2

レジェンドに搭載されているSH-AWDというシステムは、実は新型NSXに同じものが搭載される予定です。NSXにしてもレジェンドにしても、ただ単に速いだけの車を作るのであれば、モーターを使わなくてもエンジンだけで良かったのでしょう。

しかし、地球環境に厳しいご時世なので、排気量が大きくて燃費の悪い高級車というのは流行りませんし、ホンダとしても新型車をアピールするだけの新しい技術を搭載したかったのではないでしょうか。

ただし、前述した三菱自動車のS-AWCにしてもそうですが、自慢の4WDシステムを普段から実感できるのかというと、公道をおとなしく走っているだけでは、まず実感することは無理だと思います。これは販売店の人に言わせると、「時速○km/hくらいでコーナーに突っ込みでもしない限り、普通の4WD車との違いはわかりませんね」とのことで、この意見には激しく賛同します。

数多くの高級車も「速い」ことをアピールしていますが、その性能を十分に発揮することは公道ではまずないと言っていいでしょう。サーキットにでも行って思い切り走れば違いを実感できると思いますが、レジェンドでサーキット走行というのも、ちょっとイメージに合いません。レクサスにしても、BMWやアウディといった輸入車にしても、普通なら高級車らしくゆったりと走るものですし、その方が乗り心地もいいはずです。

じゃぁ、どうして使わないような高機能を搭載するのかといえば、やはりアピールのため、ではないかと思ってしまいます。それくらいだったら、普通に2.5Lエンジンでも搭載したガソリンエンジンモデルを作ってくれれば、ずっと安くできるはずなので、幅広い世代に受け入れられるのではないかと思いますが、自動車メーカーとしてもいろいろと思うところがあるのでしょうね。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件