ホンダ「N-WGNカスタム」は買ってよかったと思える車か?

ホンダ「N-WGNカスタム」

ホンダの軽自動車Nシリーズの「N-WGN」、そしてN-WGNの見た目をさらに「若者向け」にしたものが「N-WGNカスタム」です。最近の軽自動車は多くのメーカーで、比較的大人しいデザインのベースモデルと、若者向けにカスタムした「カスタム」モデルの2本立てとなることが多く見られます。もともとのN-WGNも結構力強いデザインですが、N-WGNカスタムだとさらに「きつい」感じに見えるので、年輩の方からは遠慮されるかもしないですね。

n-wgm外装

天井の高い「ハイト系」軽自動車のうち、後席ドアがスライドドアでなく横開きタイプのものだと、ダイハツ「ムーブ」、スズキ「ワゴンR」が有名どころですが、2014年度の販売台数ランキングによるとスズキ「ワゴンR」が4位で15万6千台、ダイハツ「ムーブ」が5位で13万5千台、ホンダ「N-WGN」が6位で12万5千台と、最後発となるN-WGNがかなり健闘しています。

グレード構成、価格

グレードは「G」「G・Lパッケージ」「Gターボパッケージ」の3つで、それぞれにFFと4WDが設定されています。最も安いGのFFモデルの価格が消費税込みで138万円、最も高いGターボパッケージの4WDが消費税込みで163万円となっています。

値引き情報に関して下記をご覧ください。実際に取材されたみたいでかなり参考になります。
>>【見積書公開】N-WGNの値引き交渉をしてきました! 値引きは何万円が限度?

グレード間の主要装備の違いとして、クルーズコントロールの有無、パドルシフトの有無、オプションで選択できるアルミホイールのサイズの他、メッキ加飾といったインテリアの質感向上などとなっています。メッキについては「キラキラして逆に安っぽい」という人もいるので、購入を検討している場合は展示車や試乗車で確かめたほうが良いですね。自動ブレーキ、サイドカーテンエアバッグなどが含まれる「あんしんパッケージ」は全グレードでオプションとなります。軽自動車とはいえ、こういった安全装置はいっそのこと全グレードに標準装備してもいいのではないかと思いますが、やはり価格的な面でライバルよりも割高になってしまうのは避けたいのでしょうか。エアバッグがそうであったかのように、自動ブレーキのそのうち全車両に標準装備となる日が来るかもしれません。

インテリア

インテリアはベースとなるN-WGNと基本的には同じものの色違いとなっています。N-WGNの明るい雰囲気のベージュに対して、N-WGNカスタムでは黒を基調としたデザインになっています。この辺はどちらがよいというものでもなく、個人の好みによるところです。

n-wgn内装

動画

口コミによると

こういった車は見た目で選ぶ車だと思うので、エクステリアに悪口を言う人はほぼいません。中にはキラキラしすぎている(メッキパーツを多用しすぎ)という意見もあり、ユーザー側からも若者向けと捉えられています。

インテリアも高評価ですが、こちらもメッキパーツに高級感を感じるかどうかで評価が変わっています。見たところ若者や女性からは受けが良さそうです。

走行性能については、軽自動車相応といったところ。ターボモデルをおすすめする声が多いですが、街乗りならターボ無しでも十分という声も多く見られます。そんなにスピードを出さなかったり、加速が遅くても気にならないなら、燃費優先でターボ無しという選択も有りです。足回りは固めと感じる人が多いようですが、乗っていて不快という意見は見られません。

燃費については街乗りで17~18km/L、郊外走行で20km/Lオーバーとなっており、ターボの有無やエアコンの使い方でもかなり変わります。

総じて高評価となっていますが、軽自動車にどこまで求めるかによって評価がかなり変わりそうです。グレードによっては諸費用込みで200万円を超えるので、あまり期待しすぎると反動でがっかりするかもしれませんが、軽自動車であるとう大前提を無視しても、不満が出ることはないと思われます。

 

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件