ホンダ「N-BOX」の不満点、満足点は?

ホンダ「N-BOX」

2014年度の軽自動車販売台数ランキングにて、王者ダイハツ「タント」についで2位となったホンダ「N-BOX」。ホンダというとフィット、ヴェゼルのハイブリッドモデルでリコールが相次いだために経営として苦しい時期の中、陰ながらホンダを支えた感すらあります。

n-box1

N-BOXの開発時にはいろいろな装備(軽自動車としては珍しかったヒルスタートアシストなど)を盛りすぎだとして、社内でも意見が対立したこともあったようですが、結果として軽自動車としては陰の薄かったホンダが躍進する原動力ともなりました。

ダイハツ「タント」といったライバル車と比べても、エクステリアは非常に似たようなデザインとなっていますが、やはり軽自動車として室内空間を広くしたり、使い勝手を突き詰めようとすると同じ方向に向いてしまうのかもしれません。ホンダがハイブリッドカーとして発売した「インサイト」はライバルであるトヨタ「プリウス」と非常に似通ったデザインでしたが、燃費向上のために少しでも空気抵抗を減らすデザインにすると、どうしても似通った形になってしまうそうなので、それと同じようなものでしょうか。

グレード構成、価格、燃費

N-BOXのグレード構成は「G」「G・Lパッケージ」「G・ターボLパッケージ」の3種類があり、そのうち「Lパッケージ」「ターボLパッケージ」には天井部分の色を変更した「2tone color style」と呼ばれるモデルもあります。

n-box2

より若者向けのデザインになった「N-BOX Custom」と呼ばれるモデルもあり、N-BOXと同じグレード設定がありますが、たとえば同じ「G」で比較すると「N-BOX Custom」のほうが標準装備が充実していることもあり、割高な価格となっています。

n-box3

最も安い「G」のFFが税込み127万円、最も高い「G・ターボLパッケージ2tone color style」の4WDモデルの価格が税込み約166万円となっています。最も安い「G」の場合、IRカットガラスが装備されておらず、また、自動ブレーキといった先進安全装備、後席パワースライドドア、後部座席スライド機構などがオプションでも取り付けることが出来ないので、価格につられて購入するさいには注意が必要です。

動画

口コミによると

上級グレードになると価格的にも高いだけあって、装備面も充実しており評価も高くなっています。

エクステリアについては、好きな人は高く評価していますし、そうでない場合は可もなく不可もなくと言った感じとなっています。いわゆるハイト系軽自動車としては見慣れたデザインなので、比較的万人受けするデザインと言えそうです。

インテリアは、一番安い「G」だと少々安っぽく感じるところもあるようですが、その他のグレードになると価格相応、もしくはそれ以上と高評価が多くなっています。

全体的に高評価な中で数少ない不満点の一つとして、発売当初は後部座席のスライド、分割リクライニング機能がないことがありましたが、マイナーチェンジ後にオプションとはいえ追加されたことで解消しています。ひょっとして、最初から搭載していれば販売台数を伸ばすこともできたかもしれません。

街乗りメインで高速道路に乗ることがないならターボモデルでなくても大丈夫そうですが、加速性などを考えればターボモデルのほうが快適に走れます。ただし、軽自動車の多くはターボモデルとそうでないモデルがありますが、ターボモデルが良い、ターボモデルがおすすめと言っているのは大抵の場合は男性です。多くの女性(もしくは、あまりスピードを出すことに興味のない人)にとってはターボにこだわる必要はないかもしれません。乗り心地も含めて、実際に試乗して自分にとって必要かどうかを確かめるのが良いでしょう。

乗り心地も価格から考えれば悪いはずもなく不満を言う人は少ないです。まぁ、軽自動車ということでコスト的、機械的な制約は免れないので、そこはあまり期待しすぎないほうが良いです。

実際に乗ってみれば、軽自動車ではダイハツやスズキに遅れをとっていたホンダが躍進する原動力となった車だけのことはあると実感することが出来ると思います。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件