ホンダ「ジェイド」 ユーザーを選ぶ車

車高が低いミニバンとして人気の高かったホンダのオデッセイですが、モデルチェンジにより車高が高くなってしまいました。

もちろん、車高が高くなったことで室内空間も広くなり快適性は増したのですが、低い車高が好きだったオーナーから残念がる声が多く聞かれたのも事実です。 車高の低さがオデッセイのアイデンティティとも言えましたから、車高が高くなった時点でオデッセイから離れてしまったオーナーもいるかもしれません。

低車高で走り好きに

そんなオーナーたちのために売り出した車、という訳でもないのでしょうが、ホンダの新型車「ジェイド」はストリームやオデッセイを思い出させてくれる車です。 新型オデッセイの車高が旧型から140mm高くなって1,685mmになったのに対して、ジェイドの車高は1,530mmとかなり低くなっています。

ちなみに、トヨタ「プリウス」の車高が1,490mmなので、実はプリウスの車高がジェイドよりも低いのですが、ぱっと見でそう見えないところが不思議です。また、大きく見えても全幅は1,775mmと意外とコンパクトになっています。最小回転半径は5.5mと、このクラスとしては標準的です。

ジェイド3出典:http://www.honda.co.jp/JADE/

プリウス1出典:http://toyota.jp/prius/style/

グレード、装備、燃費詳細

エンジンの種類は1.5Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムのみとなっています。グレードはベースグレードのハイブリッド(272万円)、装備が充実した上級グレードのハイブリッドX(292万円)の2つしかないので、グレード選びで迷うことも少なそうです。

トランスミッションはフィットやヴェゼルのハイブリッドモデルでリコールが相次いだものと同じものが採用されています。最近はリコールも落ち着いた感じですし、同じトランスミッションを採用した「グレイス」というハイブリッド車でも問題は起こっていないので、トランスミッションについては問題ないと思われます。

ハイブリッドシステムのおかげで、燃費は24.2~25.0km/Lとなっています。さすがにプリウスやアクアと比べると見劣りするかもしれませんが、ボディサイズなどを考えれば十分な数値です。 車高が低いので、乗り心地もスポーティーなのかと思うかもしれませんが、堅すぎず柔らかすぎずのちょうど良いレベルを実現しています。

足回りが堅いとの評価もあるが・・・

ホンダ「ヴェゼル」は比較的足回りが硬いと言われることが多いですが、そのような感じもありません。また、上級グレードであるハイブリッドXには特許取得技術であるノイズリデューシング機能(ノイズ軽減機能)を持つ17インチアルミホイールが採用されており、このホイールのおかげでロードノイズがかなり軽減され、高い静粛性を実現しています。

ベースグレードのハイブリッドでは16インチのスチールホイールが標準装備となります。 ハイブリッドというと良くも悪くも燃費重視で加速がちょっと・・・、というイメージがあるかもしれませんが、ジェイドの加速感は違和感もなくフラストレーションを感じることもありません。街乗りでも不満を感じることはありませんし、高速道路の合流でも十分に加速してくれます。また、ほどよくセッティングされた足回りと低い車高のおかげで、スポーティーな運転もこなしてくれます。

ジェイドシート3出典:http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/interior/?from=JADE-header

唯一残念なポイントはシートアレンジです。6人乗りとなっていますが、間違っても大人6人ではのれません。乗れないことはありませんが、3列目の2人はかなり窮屈な思いをすることになります。2+2の贅沢な4人乗りで3列目の2人分は子供用、もしくは緊急用と割り切ったほうが良さそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件