貴重な5ナンバーハイブリッドセダン「グレイス」

日本国内ではアクア、プリウスといったハイブリッド車が販売台数ランキングの上位を独占していますが、ありそうであまりなかったハイブリッドセダンとして、ホンダから「グレイス」が発売されました。

アコードやクラウンといった高価なセダンにはハイブリッドがありましたが、いわゆるコンパクトセダンになると、マツダのアクセラハイブリッドとトヨタのカローラくらいしか選択肢がありませんでした。トヨタのプリウスや、ホンダがかつて販売していたインサイトなどは、ちょっとずんぐりとした格好で、さすがにセダンとは呼べません。

グレイスエクステリア

個人的にはカローラよりもグレイスのほうが見た目が今風というか、都会的な感じがしますし、プリウスのずんぐりしたスタイルが好きになれない人、昔ながらのセダンが好きな人にはちょうど良いと思います。

グレード設定

グレードはHYBRID DX、HYBRID LX、HYBRID EXの3つ、それぞれにFFと4WDが設定されています。ちょっと気になったのは、ハイブリッド専用車なのでいちいちグレード名の頭にHYBRIDとつけなくてもいいような気もしますが、そこはあえてハイブリッドと強調したいのでしょうか。

SUVタイプを除くハイブリッド車というとほとんどがFFのみとなっているので、4WDの設定があるのは積雪地域に住んでいる人にはちょうど良さそうです。クラウンのハイブリッドには4WDがあるものの、価格が違いすぎるので対抗馬にはなりません。

そうなると、5ナンバーセダンのハイブリッドで、かつ4WDとなると今のところグレイスくらいしか思いつきません。

パワートレイン

1.5Lエンジン+モーター、7速DCT(ATの一種)という組み合わせは全グレード共通なので、違いは装備面ということになります。燃費はFFで34.4km/Lと31.4km/L、4WDで29.4km/Lとなります。

価格は最も安いグレードのFFモデルで195万円、最も高いグレードの4WDモデルで約241万円と、ライバルになりそうなプリウスやカローラシリーズのハイブリッド車と燃費、価格の面で十分に張り合えますが、ハイブリッドの4WDはグレイスにしかありません。

グレイスインテリア1

インテリア

シートは適度なホールド性とクッション性で乗り心地もよく、特に後部座席は膝周りのスペースが広くとられていて乗り心地が良くなっています。後部座席用のエアコン吹き出し口は標準装備となっていて、かつ最上級グレードのEXには後部座席用のUSBソケットがついています。最近はスマホなどの充電用にUSBソケットを備えた車が増えていますね。

エアコンの操作スイッチはタッチパネル方式になっていて、またホンダ純正ナビもボタン類がないので、凹凸の少ないすっきりとしたデザインとなっています。シフトノブは最近のハイブリッドカーによく見られる、小さいタイプのものとなっています。

グレイスインテリア2

貴重な5ナンバーセダンのハイブリッドカーとして、期待の持てる一台となるのではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件