本田「Concept D」中国向けに発売か

ホンダが上海モーターショーにて開発中の「Concept D」を公開しました。

コンセプトD1

この車は中国専用車として開発中とのことですが、もうぱっと見からかなり大きな車であることがわかります。中国では金色が人気ということで、ボディとホイールを金色っぽくしたのでしょうか?あざといです。

コンセプトD2

前からの見た目も、後ろからの見た目もかなりロボットチックで、そのままト○ンス○ォーマーに出てきて、ロボットになっても違和感のないデザインです。

コンセプトモデル ホンダというと、最近発売されて話題になっている「S660」はコンセプトモデルからほとんどそのままのデザインで市販されましたが、これまでは、コンセプトモデルはかっこいいけど、市販車に落とし込むのがもう一つ、ということが多いイメージがあります。

はたして、この車はちょっとロボット感が強すぎる感じもしますが、市販されるときにどのようにまとめてくるのか気になります。 パワートレイン パワートレインなどは一切紹介されず、コンセプトモデルの紹介だけにとどまっています。ホンダはダウンサイジングエンジンとして、2.0L、1.5L、1.0Lの新型エンジンを開発中なので、2.0Lエンジンでもパワーとしては問題ないかもしれませんが、このボディサイズだとやはり3.0Lエンジン、もしくは2.0L+モーターのハイブリッドシステムにでもしないと、ちょっと余裕がないのかな、と感じます。

特に、中国だとまだダウンサイジングという考え方が富裕層に浸透してなさそうなので(個人的な偏見ですが)、ボディが大きくなるとある程度エンジンも大きくしないと難しいのではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件