ダイハツ「タントカスタム」オーナーの満足度は?買って損はないか

タントといえば、トヨタ「アクア」を僅差で抑えて日本国内自動車販売台数の2014年度トップをとった軽自動車です。ただし、最近はホンダのNシリーズの猛追を受けているので、このままトップ安泰というのも難しいかもしれません。

タントカスタム外装

そんなタントの若者向けバージョンとも言えるのが「タントカスタム」です。タントの見た目はどちらかというと女性向けの柔らかい感じであるのに対して、タントカスタムは若者向け、もっとはっきり言ってしまうと「やんちゃ」な感じになっています。

ホンダのN-BOXにもタントと同じように「N-BOXカスタム」が用意されており、開発陣はN-BOXカスタムを開発するに当たって、「ヤンキー文化」を目指したということですが、タントカスタムにも同じ雰囲気を感じるのは気のせいではないと思います。ボディカラーのパープルメタリックなんてまさにそんなイメージで、なんとなく地方の若い女の子が某女性アーティストのマークをかたどったシールをリアガラスに貼ってそうです。あとバックミラーにしっぽのキーホルダーをかけていたりとか。

タントカスタムインテリア

インテリアは黒を基調にしいて、エクステリアほど派手な感じはないですね。

グレード、価格、燃費

グレードは大きく「X」と「RS」に分けられていて、それぞれに「ベースグレード」「SAⅡ」「トップディションSAⅡ」の3つが用意されていて全部で6種類、さらに6種類全てにFFと4WDが用意されています。やっぱり雪国だと4WDがあった方が何かと安心です。

SAはスマートアシストの略で、いわゆる自動ブレーキと言った先進安全装備のことですが、約6万円ととても安価になっているので、万が一のことを考えればSA以上のグレードを購入するのがおすすめです。一番安い「X」のFFが税込みで約153万円、一番高い「RSトップディションSAⅡ」の4WDで約187万円と、上級グレードになると購入時には諸費用込みで200万円を超えそうな勢いです。それなりの装備がついていて価格相応の車に仕上がっているとはいえ、やっぱり高いなぁと感じてしまいます。燃費は24.6km/L~28.0km/Lとなっていて、今時の軽自動車としては平均的な数値ですね。

タント、タントカスタムの値引き情報に関して興味がある方は下記サイトを。見積書も公開されていますよ。
>>【見積書公開】タントの値引き交渉をしてきた! 値引きの限界に挑戦です
>>【見積書公開】タントカスタムの値引き交渉レポート

動画

口コミによると

やはり見た目で選ぶ人が多いのか、エクステリアに文句を言う人はほぼ皆無。エクステリアに関しては、平均して90点以上はかたいのではないでしょうか。インテリアについては多少好みが分かれるのか、エクステリアよりは得点が低いものの、それでも平均して80点以上はとれそうです。

走行性能に関しては、エンジン性能、乗り心地ともに80km/h未満の一般道、国道程度であれば問題なし。さすがに高速道路で風が強いときや、トラックが追い越していくときには車体が揺らされますが、これはタントに限った話ではないので、特にマイナスポイントにはなっていません。ただし、いかんせんやはり軽自動車のシートなので、あまりの長時間運転だとちょっと厳しそうという意見がありますが、こちらもタントに限った話ではないですね。

全てを含めた総合評価でも軒並み80点以上となっていて、とても満足度が高い車となっています。強いて言うなら、グレードによっては200万円を超える価格がちょっとネックになっていますが、購入した人のほとんどが、それだけの価値のある車だと評価しています。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件