今でも売れてます「カローラ」 マイナーチェンジ情報

かつて日本を代表する車だったカローラがマイナーチェンジしました。

カローラ1

プリウスが発売されるまでは、国内の自動車販売ランキングのトップだったカローラですが、今ではプリウスやアクアの陰に隠れた感じさえします。

それでも乗用車の販売台数を見ると2014年上半期の1位アクア、2位フィット、3位プリウス、そして意外なことにといっては失礼ですが、4位がカローラです。プリウスやアクアが売れすぎて目立っていないだけで、やはりカローラというネームバリューはまだまだ捨てたものではなさそうです。

ちなみに、日本国内ではカローラという車名では販売したおらず、セダンタイプがカローラアクシオ、ワゴンタイプがカローラフィールダーという名前で売られています。

デザイン

カローラは日本以外でもベストセラーといっても良いくらい売れているので、販売している国々で仕様が異なります。特にアメリカだと、アメリカ国内だけで日本よりも売れているので、名前こそ同じカローラですが、アメリカ仕様のほうが見た目も違います。アメリカのモーターショーなどでアメリカ仕様のカローラを初めて見ると「これがカローラ?」と驚くそうです。

そんな声を気にしたのかわかりませんが、マイナーチェンジにより日本仕様も顔つきがかなり変わりました。失礼ながら以前のカローラは若い人には受けなさそうなデザインでしたが、新しいデザインはだいぶ野暮ったさが抜けた気がします。

カローラ2

トヨタはどちらかというと保守的なイメージの強い会社ですし、カローラも息の長い車種なので、車も保守的になりそうなものですが、新しいデザインはなかなか攻めています。

若い人には受けそうですが、年配の人からは派手すぎに思われるかもしれません。あと、トヨタと聞くと、どうしても地味なイメージが強いですが、最近は結構派手は色も扱っていて、カローラにもオレンジ色が設定されています。これもちょっと年配の人からは遠慮されそうですね。

カローラ3

価格構成

価格はカローラアクシオが約149万円~約220万円。カローラフィールダーが約162万円~約247万円と似たような価格設定で、上級グレード(ハイブリッドモデル)はそれなりの価格になっています。

プリウスの一番安いモデルが約223万円なので、若い世代だとデザイン的にもハイブリッドを買うならカローラよりもプリウスという選択も多そうです。燃費が良くて、価格もそれほど高くないものとなると、1.5Lモデルあたりですね。1.5Gと1.5Xでは燃費がかなり違うので、それほどたくさん乗らない人で、必要最低限の装備さえあればいいという人には、最も安い1.5Xに安全装備のトヨタセーフティー・センス・Cを付けるというのもいいかもしれません。

カローラーフィールダー、アクシオともに1.5Lガソリンエンジンには4WDモデルも設定されています。 なお、カローラにはしばらくハイブリッドモデルがありませんでした。カローラにハイブリッドモデルを作ってしまうとプリウスと競合してしまうので、ハイブリッドカーのイメージモデルとしてプリウスを売りたかったがために、カローラが犠牲になったのではないかと勘ぐったりもしてしまいます。

トヨタと聞くとハイブリッドに注力しすぎてエンジンそのものの開発がおろそかになっているのではないか、という意見も聞かれましたが、カローラに搭載される新型エンジンはカタログ燃費で23km/Lを実現しています。やっぱりやれば出来るじゃないか、と思った人も多いのではないでしょうか。

パワートレイン

搭載されるエンジンはカローラアクシオが1.3Lと1.5L、カローラフィールダーが1.5Lと1.8Lとなっています。最高出力は1.3Lが95馬力、1.5Lが103馬力と109馬力、1.8Lが140馬力となっています。

ハイブリッドモデルは1.5Lエンジン74馬力+モーター61馬力となっています。意外なことに、1.5Lガソリンエンジンモデルには5速MTが設定されています。トヨタと聞くと86くらいしかMTのイメージがありませんが、カローラのような車にMTを残すというのもなんだか嬉しいものです。

安全装備

これまでのトヨタはいわゆる自動ブレーキといった先進安全装置に対して積極的でなかったように見えますが、「トヨタ・セーフティー・センス・C」と呼ばれる安全装置(自動ブレーキ、車線逸脱防止アラーム、オートマチックハイビームなどがセットになったもの)が搭載されるようになりました。

一部のグレードではオプション扱いですが、\54,000とそんなに高いものでもないので万が一のことを考えたら取り付けた方が安心です。なお、トヨタは今後、日米欧で発売するすべての車種にこの「トヨタ・セーフティー・センス・C」を搭載するそうです。技術力も資金力も豊富なので、いったんやるとなったらものすごく早いですね。

まとめ

よく売れている車だけあって、総じてコストパフォーマンスは高いです。カローラと聞くと、あまり若者向けではないというイメージがあるかもしれませんが、新しいカローラは顔つきも若返っているので、高い車には手が出ないという若い世代にも受け入れられそうです。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件