スズキのコンパクトSUV SX4 S-CROSS

マツダ「CX-3」、ホンダ「ヴェゼル」などと、コンパクトSUVと言われる車の販売が軒並み好調です。そんな市場に挑む、というほどの気合いがあるわけでもなさそうですが、スズキからの「SX4 S-CROSS」というコンパクトSUVが発売されました。

これはスズキが世界戦略車としてハンガリーで生産しているものを輸入して販売するものです。輸入車といっても右ハンドルなので、日本国内で売られている車と何ら変わるところはありません。目標とする年間販売台数がわずか600台にとどまっているのは、ただ単に最初なので控えめな数字を出しているのか(それにしても控えすぎのような気もしますが)、日本のコンパクトSUV市場に割って入るつもりがあまりないのか。。。

エクステリア

ぱっと見の外観は今風にまとまっていますが、見方を変えるとあまり特徴がないとも言えます。スズキのエンブレムがなかったらどこの車かわからないかもしれません。

sx4外観

インテリア

運転席周りはかなりすっきりしていて、よけいなものがないという印象ですが、安っぽい感じもしません。なんでもかんでも付ければ良いというものでもないので、これはこれで、あっさりしていていいのではないでしょうか。

sx4インテリア

もともとが外国向けの車だからだと思いますが、スピードメーターが220km/hまで表示しているのがなんとなくポイント高いです。

sx4メーター

価格・グレード

さて、そんなSX4 S-CROSSの価格はFFが約204万円、4WDが約225万円となっています。輸入車ということであまりグレードなんかを増やすと輸入が面倒なのか、グレードは一つのみ、FFと4WDの選択肢しかありません。エンジンや装備が違ったりでグレードが多くあると、購入時に迷ってしますし、買ってからやっぱりあっちのグレードがよかった、とか後悔しそうなので、グレードが一つというのは潔く、好感が持てます。

なお、トランスミッションはパドルシフト付きのCVTとなっています。燃費はFFで18.2km/L、4WDで17.2km/Lとなっていて、今時の車としてはちょっと物足りなさを感じます。ヴェゼルのガソリンエンジンモデルでもFFで20.6km/L、4WDでも19.0km/Lとなっているので、もうちょっと頑張ってほしかったですね。 車重はFFで1,140kg、4WDでも1,210kgと、このクラスのボディサイズとしては平均的な重量。1.6Lエンジンの最高出力は117馬力、最大トルクは15.4kgf・mとなっています。

これは、1.5Lエンジンで131馬力、15.8kgf・mのホンダ「ヴェゼル」よりは若干劣るものの、もともとそんなに飛ばすような車でもありませんし、普段走っていて気になるほどの違いではありません。

装備

装備面を見ると、左右別々に温度調整ができるオートエアコンやクルーズコントロール、オートライトが標準装備になっていたりと、価格の割にはなかなか充実しています。ただしオーディオに関しては標準で2つしかスピーカーがつかないのがちょっと残念です。

オプションでもスピーカーのグレードアップしかないので、数を増やすのは難しそうです。まぁ、スピーカーの数が多ければ良いという訳でもないのですが。 ヴェゼルやCX-3と張り合うのは厳しそうですが、これはこれでなかなかコストパフォーマンスの高い車といえるのではないでしょうか。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件