予算400万円で国産のセダンを買う 俺の愛車はこれにする!

予算400万円で国産のセダンを買う

車を買うときには、300万円という価格が高級車としての一つの目安になることが多いと思いますが、ここはもう一つ上のグレード、400万円クラスのセダンについて考えてみたいと思います。

2014年度の販売台数ランキングで見ると、1位は堂々のトヨタ「クラウン」、その後に同じくトヨタ「SAI」、日産「スカイライン」、トヨタ「マークX」などが続きます。これらの中で、諸費用込みのいわゆる乗りだし価格が400万円までの車を見てみましょう。

トヨタ「クラウン」

クラウン外観

1位に輝いたトヨタ「クラウン」については、今更説明の必要などないと思いますが、逆にクラウンが400万円で変えるのか?と疑問に思われるかもしれません。

コスパに関して

クラウンの最も高いグレードは車両価格だけで500万円を軽く超え総額で600万円近くになりますが、最も安いグレードだと車両価格で約370万円と、多少の値引きを期待してぎりぎり400万円に納めることが出来そうです。もっとも、そのままだとナビもついていない必要最小限の状態なので、いろいろとつけていくと400万円内に納めるのは難しそうです。

それでも、「いつかはクラウン」と言われた高級車が、後述する国産セダンと比較しても、以外と手が届きそうなところにいることがわかります。目標である予算400万円をちょっと超えるかもしれませんが、それでもこの価格であこがれのクラウンを買うことが出来るということで、載せてみました。

クラウンインテリア

クラウンと聞くとどうしても「年輩の人が買う高級車」というイメージが強いかもしれませんが、トヨタとしても間口を広げるために価格を抑えたグレードを発売しているようですし、デザイン的にも「おっさんくさい」イメージは薄れているので、興味があれば見学なり試乗してみるのが良いのではないでしょうか。

ただし、国産高級車を「やんちゃ」にして乗る人って結構見る機会があると思いますが、若い人が乗っていると似たような視線を感じるかもしれません。乗るならとことん「上品に」乗るようにしましょう。

クラウンオーナーの口コミ

クラウンは3L以上じゃないと、という意見もある一方で、そんなに飛ばす訳でもなく(スピードを出して走るような車でもないし)、2.5Lで十分という意見に分かれています。

もともと3.5Lといった大排気量車に乗っていた人からすると非力に感じるようですが、そういった車からダウンサイジングした人の中にも「これで十分」と満足している人もいます。つまるところ、何を求めるかによって、感想が変わってしまうということでしょう。

エンジンパワー以外については、内外装の質感や、乗り心地などに不満を持つ人はほとんどいないので、車としての完成度はクラウンの名に恥じぬものとなっています。

>>クラウンを安く購入する裏ワザを見てみる

 

トヨタ「SAI」

SAI外観

続いて、同じくトヨタ「SAI」。ハイブリッド専用車として、プリウスの上級グレードという位置づけでデビューしたにもかかわらず、立ち位置が不明確で、販売台数も伸び悩んでいました。発売当初は見た目の特徴がなく、ぱっとしない車だったという印象が強いです。ところが、マイナーチェンジ(ほぼフルモデルチェンジといってもいいくらい)によりフロントまわりのデザインを一新してからは、ぱっと見で格好いい車となり、販売台数も好調です。

コスパに関して

こちらも上級グレードの車両価格は軽く400万円を超えてしまいますが、ベースグレードだと車両価格が約330万円となっているので、オプションのナビなどをつけてもなんとか400万円に収めることが出来そうです。

SAIインテリア

ただし、メーカーオプション(生産時に工場で取り付けるもの)のナビは70万円近くとかなり高価なので、他社製の比較的安価なオプションナビを選択する必要があります。グレードが違ってもエンジンやトランスミッション、ハイブリッドシステムといった基本的な性能は同じなので、装備にこだわらなければベースグレードでも満足できるはずです。

SAIのデザインについては結構クセが強いので、好き嫌いがはっきりしています。新しいデザインのほうが売れ行きは好調ですが、もとの大人しいデザインが好きという人も少なくありません。ただし、大人しすぎて印象が薄かっと言えます。

SAIオーナーの口コミ

やはりマイナーチェンジ後のデザインを褒める人が多く見られますが、その一方で、インテリアについてはいまいち高級感に欠けるという意見も見られます。価格的にも、クラウンやレクサスと比べると高級感に乏しいのはしょうがないのかもしれません。

ハイブリッドというと燃費優先で遅いというイメージがあるかもしれませんが、SAIの場合はプリウスよりも排気量が大きいこともあり、エンジン車と比べてもそれほど違和感がないという意見が見られます。

乗り心地については可も無く不可も無いが、価格を考えるともうちょっと・・・という意見が意外と多いです。

クラウンやレクサスといった上級グレードから乗り換えるとさすがに細かいところに不満を感じるようですが、下のクラスから乗り換える場合は目立った不満はなさそうです。

>>SAIを安く購入する裏ワザを見てみる

 

トヨタ「マークX」

ナークX外観

日産、ホンダ、三菱自動車にこのクラスのセダンがない中、トヨタはこの価格帯に入るセダンだけでも充実したラインナップとなっており、続いて紹介するのは「マークX」。

コスパに関して

かつては「マークⅡ」という名称で売れに売れた車です。2.5Lと3.5Lモデルがありますが、3.5Lは400万円を超えそうなので、それだったらクラウンでも良いのでは?とも考えられます。2.5Lモデルだと270万円から310万円とオプション類をつけても400万円に収まりそうですし、4WDが買えるというのもポイントです。残念ながらクラウンの4WDモデルだと400万円に収めることはまず無理ですからね。

一般的にはやはり以前のマークⅡのように、中年層の買う車というイメージが強く、若い人が乗っているとなんだかおやじ臭く見られそうです。

マークXインテリア

マークXオーナーの口コミ

エクステリア(特にヘッドライト周り)がなかなか個性的なデザインなので好みが分かれそうですが、購入者は気に入って買っているわけなのであまり悪く言う人もいません。

乗り心地やインテリアについて見てみると、ずば抜けて良いという所もなく、よく出来た普通の車という印象です。

3.5Lエンジンは評判が良いですが、2.5Lは可も無く不可も無くといったところ。燃費を見てみると、それぞれ10km/L台と11km/L台となっていて、いくらハイブリッドではないにしても、今時の車としてはお世辞にも低燃費とは言えないところが不満となっています。

>>マークXを安く購入する裏ワザを見てみる

 

トヨタ「カムリ」

カムリ外観

マークXよりも高級感がある車として、同じくトヨタ「カムリ」があります。

コスパに関して

最上級グレードは車両価格400万円を超えますが、ベースグレードとGパッケージと呼ばれるグレードは車両価格がそれぞれ約320万円、約340万円となっており、オプション類をつけても400万円に収めることが出来ますし、マークXよりも見た目の高級感があります。今ではハイブリッド専用車となってしまい、FFしかないのが難点といえば難点でしょうか。

カムリインテリア

クラウンも元々はFRしかなかったものが、積雪地域の顧客から4WDの要望が強かったために4WDモデルを後から追加したという経緯がありますから、FFということで断念している人もいるのではないかと思います。

大衆車としてのポジションはプリウスが抑えており、かといって高級車のポジションは王者クラウンが立ちはだかっており、どっちつかずのちょっと中途半端なイメージかもしれません。

カムリオーナーの口コミ

昔からのカムリを知っている人からは、大きくなりすぎた、価格が高くなったという意見が多いです。燃費は15~20km/Lほどで、高速道路では30km/L近くいけるという人もいます。

乗り心地について、突き上げが大きく、価格を考えるともうちょっと足りないという意見が見られます。クラウンやSAIと比較して、見た目が決め手になったという人が結構います。

>>カムリを安く購入する裏ワザを見てみる

 

ホンダ「アコード」

アコード外観

続いてホンダ「アコード」。スカイラインと同じようにかつてはもう少し手が届きやすいイメージでしたが、今ではハイブリッド専用車となって、価格もベースグレードが375万円と、ちょっと高価になってしまいました。以前のアコードはツーリングワゴンのイメージが強かったものの、今では完全に高級車路線になってしまいました。

コスパに関して

ナビは標準装備となっているので、ベースグレードでも最初からついています。400万円を超える上級グレードとの違いは自動ブレーキといった先進安全装備の有無なので、自動ブレーキが不要なら、オプション類を節約して、かつ値引きを期待してなんとか400万円に収めることが出来そうです。FFしかないのが残念ですが、カタログ燃費30.0km/Lはかなり立派な数値です。

アコードインテリア

アコードオーナーの口コミ

インテリアがプラスチックすぎてちょっとチープ、クラウンなどと比べると負けているとう意見が見られます。ステアリングが軽くなっているので運転しやすい、という人がいる一方で、軽すぎてスポーティーさに欠けるという人も見られます。

EV走行時は静かである一方、アクセルを踏むと結構うるさいという意見が多く見られます。燃費は20km/L前後から、高速だと30km/Lとかなり良好のようです。乗り心地については少々硬めか?という人がいますが、悪く言う人もいません。

車全体を通しての高級感はあと一歩ながら、価格を考えれば十分と言えそうです。

400万円のセダンというイメージがあまりないかもしれませんが、車としての基本性能や装備類が充実しているのが、マツダ「アテンザ」とスバル「レガシーB4」です。

>>アコードを安く購入する裏ワザを見てみる

 

マツダ「アテンザ」

アテンザ外観

コスパに関して

ガソリンエンジンモデルであれば、レザーシートや先進安全装備が標準装備となっている最上級グレードの車両価格が約330万円と、オプション類をつけても十分400万円に収まります。

しかし、やはりマツダといえばディーゼルエンジン。国産セダンではマツダだけとなるディーゼルエンジン搭載モデルは3グレード用意されており、いわゆる「全部入り」といえる最上級グレードは車両価格が約370万円~400万円となっていますが、その下のグレードであればFFモデルで約327万円、4WDモデルで約355万円と400万円に収めることも十分可能です。自動ブレーキといった装備類が不要で、必要最小限の構成で良いのならFFモデルで約317万円、4WDでも約345万円と、よりリーズナブルになります。

アテンザインテリア

アテンザの大きな特徴は、ディーゼルエンジンの他にも、充実したパワートレインが挙げられます。ディーゼルエンジンには4WDがあり(残念ながらガソリンエンジンモデルにはありません)、FFと4WDの全てに6速ATと6速MTが用意されています。

国産のセダンで、ディーゼルエンジンはマツダだけですし、6速MTもアテンザ以外に選択肢はありません。以前はスバル「レガシー」のセダンにもMTがありましたが、現行モデルではCVTのみとなっています。

アテンザに足りないもの、というかマツダに言えることですが、いかんせん以前の「値引きが大きい」「安い車」というイメージを持っている人も今でも少なくないので、そういった人から「あぁ、マツダ車か」みたいな視線を感じるかもしれません。

少しでも自動車に詳しい人にすれば、スカイアクティブやクリーンディーゼル、鼓動デザインなど、スバルとならんで勢いのある自動車メーカーということになるのでしょうが、一般的な認知度はそこまで高まっていないというのも、物足りないところでしょうか。マツダが取り組んでいるブランドイメージの向上が実を結べば、もっと評価が上がるかもしれません。

アテンザオーナーの口コミ

まずエクステリアを褒める人が多く、欧州車と比べてもひけをとらないという意見も多く見られます。内装も上品にまとめられており、以前のマツダに見られたような「技術は高いけど(内外装の)見た目がいまいち」という評価を覆しています。

ディーゼルエンジンは高く評価されていますが、ディーゼルエンジンの影に隠れがちなガソリンエンジンモデルでもコストパフォーマンスの高さが評価されています。それほど乗らないという人の場合はガソリン車で十分という意見も。

>>アテンザを安く購入する裏ワザを見てみる

 

スバル「レガシーB4」

レガシー外観

国産のセダンとしてはあまり存在感のないスバル「レガシーB4」ですが、2つあるグレードはそれぞれ価格が約286万円と約308万円。予算400万円に対して安いと感じるかもしれませんが、フロアマット、ナビゲーション+ETC、コーティング等と加えていくと、上級グレードのリミテッドで400万円近くになります。

前述した車では400万円に収めるためには自動ブレーキといったオプション類をつけることが出来ない車が少なくありませんが、レガシーB4の場合はもともとがいわゆる全部入りとなっているので、ある程度のオプション類をつけても400万円に収めることが難しくありません。

レガシーB4の特徴として、スバルの代名詞とも言える「アイサイト」が全グレードに標準装備されていることがあります。残念ながらMTはなくなってしまいましたが、この価格帯では貴重な4WDというのもポイントです。

車としてはよく出来ているものの、スバルというと4WD、SUVというイメージが強いので、この価格帯のセダンとなると存在感は今ひとつかもしれません。

レガシーインテリア

レガシーB4オーナーの口コミ

コストパフォーマンスの高さを挙げる人が多く見られます。良くも悪くも特徴がないという意見もありますが、車そのものについては満足度が非常に高くなっています。リミテッドに装備されているサスペンションについては高く評価する人がいる一方で、それほどでもないという人もいますが、悪いという人もいません。上を見ればきりがないのでしょうが、価格を考えれば十分です。

ミドルクラスのセダンとして違和感のないエクステリアと評価される一方で、内装は高級感が今ひとつという意見も見られます。素っ気ないインテリアはスバルの特徴ともいえ、よく言えば質実剛健となりますが、色気が足りないと感じる人も多そうです。

2.5Lエンジンは、以前のターボエンジンのようなパワフルさは無いものの日常使う分には何の問題もありません。また、ターボエンジンと違い自然な加速感が好ましいという意見も。以前のレガシィのような速い車が欲しければWRXやレヴォーグということになるのでしょうが、それでもレガシィにもっとパワフルなエンジンがあればと惜しむ声も少なくありません。

>>レガシーB4を安く購入する裏ワザを見てみる

 

これまでに紹介した記事をまとめると

4WDが必須となるとスバル「レガシーB4」、マツダ「アテンザ」(ディーゼルエンジンモデル)、トヨタ「マークX」。

燃費優先なら、トヨタ「SAI」「カムリ」、ホンダ「アコード」。

見た目の高級感なら、トヨタ「SAI」「カムリ」、ホンダ「アコード」、マツダ「アテンザ」。「マークX」はさすがに高級感には乏しいものがあります。

ここで、「MTが欲しい」となると、もうマツダ「アテンザ」しかありません。

おおまかな違いを一覧表にしたので参考にしてみてください。なお、消費前が8%になった今、諸費用込みで400万円に納めようと思ったら税抜き価格で370万円に納める必要があります。税金や手数料を考えると、実際には車+オプションの合計価格を350万円程度にしなくてはいけないので、注意しましょう。

 

 各車種価格一覧

車名/グレード 駆動方式 ナビ 先進安全装備 価格(税込) メーカーサイトの見積もりシュミレーション結果

(オプション無し)

トヨタ「クラウンアスリート」2.5アスリート FR × × 367万円 396万円
トヨタ「SAI」S”Cパッケージ” FF × × 340万円 355万円
トヨタ「マークX」PREMIUM Four 4WD × × 324万円 351万円
トヨタ「カムリ」ハイブリッドGパッケージ FF × × 341万円 356万円
ホンダ「アコード」LX FF × 375万円 388万円
マツダ「アテンザ」25S Lパッケージ FF × 333万円 355万円
マツダ「アテンザ」XD 4WD × × 340万円 355万円
スバル「レガシーB4」リミテッド 4WD × 307万円 331万円

 

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件