始めての車購入 どんな車がおすすめ?中古車で比較

誰でも初めて自分の車を買うときは悩むものではないでしょうか?まぁ、お金があればどんな車でも好きなものを新車でどーんと買えるのでしょうが、そういう人はかなり少数派だと思うので、今回は初めて車を買う人のために中古車でお勧め出来る車を探してみたいと思います。

車を選ぶためには?

当たり前ですが、まずは車を選ぶところから始めないといけません。車を選ぶときのポイントは大きく分けて予算と目的です。予算はそのとおり、自分が出せるお金のこと。もっとも、車を買うだけではなく、買った後の維持費のことも考えておかなくてはいけません。ガソリン代はもとより、毎年の自動車税、自動車保険料、各種点検(オイル交換など)や車検費用、雪国ならさらにスタッドレスタイヤも必要です。とにかく、車を買ったものの毎月のローンの支払いで精一杯、というのだけはやめておきましょう。初めて自動車保険に加入するとなると保険料も高くなるので、注意しておきましょう。

何のために車が必要?

次に車を買う目的です。大きく分けると、毎日の通勤(通学)とレジャーに分けられるのではないでしょうか。自宅に大きな車があるという場合は、通勤・通学用に割り切って買うこともできますし、そうでない場合は通勤・通学兼レジャー用ということになると思います。本当に通勤や通学だけのためだけに買うというのであれば、極端にいえば趣味性を考えずに実用性重視、あとは予算との兼ね合いだけということも可能になります。また、レジャーとい一口にいっても、一人でゆったりとドライブに行きたいのか、彼女や友達と遊びに行きたいのか、スキーやキャンプといったアウトドアにも使うのかなど、目的次第で大きく変わります。

今回は初めての車購入ということで、まずは、通勤・通学で足代わりとして使うための車を予算100万円ほどで探してみましょう。

普段の足代わりに使う100万円の車

安い中古車を探せばいくらでも安いものが見つかりますが、いくら中古車でもあまりボロいのはちょっと、、、ということで、まずは普通乗用車で総額100万円の車を探してみます。

今回探すのは、三菱自動車「ミラージュ」。おそらく40歳前後で車好きであれば昔売られていた「ミラージュ」(モデルによってはかなり「走る」車でした)を思い出すかもしれませんが、ここで探すのは現在売られている「ミラージュ」です。現在売られているモデルは、1.0Lと1.2Lガソリンエンジンモデルがあり、それぞれ最高出力69馬力、78馬力となっています。馬力だけ見るとひ弱に見えるかもしれませんが、小型ボディのため、日常使う分には不満を感じることはありません。カタログ燃費は1.0Lモデルで約27km/Lとなっていますが、実燃費との乖離が少ないと評判です。新車で買っても車両価格118万円~144万円とリーズナブルな価格なので、中古で100万円も出せばかなり状態の良い車を見つけることが出来そうです。見つかったのはこの車。

1年落ちで車検の残りが約1年半、走行距離1.5万km、事故歴無しと、かなり条件の良い車がすぐに見つかりました。大人数を乗せて高速道路を走ったりすれば非力さを感じることもあるかもしれませんが、通勤・通学などに使うにはこれで十分でしょう。軽自動車ではちょっと小さいかな、と思っている人には大きさ、価格ともお手頃ではないでしょうか。同じような価格帯、ボディサイズのトヨタ「ヴィッツ」も探してみましょう。

見つかったのは2011年式、走行距離5万km、車検の残りが約半年で総額85万円という車。ヴィッツは元々の車両価格がミラージュよりも高いので、同じ価格帯で比較すると若干年式が古かったり走行距離が伸びてしまうのはしょうがないところ。この他にもホンダ「フィット」など、人気のある車は中古車の在庫も豊富なので、100万円でもかなり状態の良い車を見つけることが出来ます。

さて、経済性を最優先させるならやはり軽自動車も外せません。たまに「未使用車」という言葉を聞くことがあると思いますが、軽自動車を検索するとこの「未使用車」がすぐに見つかります。未使用車というのは販売台数を多く見せるために、販売店名義で車検を通した車のことで、このやり方(見かけの販売台数を増やす)の是非についてもたまに新聞などでニュースになることがあります。といっても買う側からすれば安く買うことが出来るので、特に困ることはありませんが。

例えば最近発売されたばかりのスズキ「アルト」の未使用車では、2015年式、走行距離5km(5万kmではありません)、車検も2年半近く残っているものが総額86万円で売られています。中古車といってもあくまでも車検を通しただけで実際には乗られていない新車のようなものですから(走行距離の短さでもわかりますね)、もちろんお買い得です。ただし、こういう車はたいていオプション類がついていないので、いろいろと取り付けるとだいたい100万円くらいにはなりそうです。

 

ダイハツ「ミライース」の未使用車だって2015年式、走行距離5km、ほぼ3年近い車検が残った車が総額で92万円です。

 

このほかにも「未使用車」で検索するといろいろな車種を見つけることが出来るので、軽自動車で特に車種にこだわりがなければ「未使用車」を探してみるのも良い方法です。

 

みんなで遊びに行きたい150万円のSUV

ランボルギーニ、ロールスロイス、ジャガーといった一見するとSUVとは無縁と思われる自動車メーカー。そんな会社も今ではこぞってSUVを開発中というくらい、世界中で人気のSUV。そんなSUVに乗って友達と一緒に遊びに行きたい(もちろん一人で乗るのもOKです)、という人のためにもうちょっとがんばって150万円ほどで探し見ましょう。

まずは日産ジューク。コンパクトサイズのSUVなので、女性にも初めての車としても扱いやすくてちょうど良いと思います。車高が高いので気持ちも良いですし、4WDモデルなら雪道も安心です。

 

見つかったのは2014年式、走行距離1.2万km、車検の残りが2年ちょっとで総額154万円という車。年式も新しく走行距離も少ないので、なかなかお買い得ではないでしょうか。ジュークにはFFと4WDがありますが、さすがに4WDだと同じ条件でもう少し価格が高くなってしまいます。

続いては、三菱自動車「RVR」。2011年式、走行距離3.8万km、半年ほど車検がついて総額で146万円となっています。車検の残り期間が短いですが、4WDでナビ付きということを考えれば十分です。先に紹介した「ミラージュ」といい、三菱自動車は目立たなくて地味だけど安くて良い車を作っているというイメージがあります。

 

ちなみに、日本国内でSUVといえば代名詞ともいえるトヨタ「ハリアー」。この車はもともとの車両価格が高めなので、150万円で買おうとするとかなり年式の古いものか、走行距離の長いものになってしまうので、今回は外しました。

頑張って200万円のあこがれのスポーツカー

やはり男子あこがれのスポーツカー。ホンダ「S660」やダイハツ「コペン」のように軽自動車でも新車で総額200万円を超えるものもありますし、一方、乗用車のスポーツカーとなると新車では安くても300万円を超えるものばかり。今回は初めての購入でもちょっと頑張って200万円でスポーツカーを探してみます。

某人気漫画が発端となったとも言えるトヨタ「86」(ほぼ同じ車がスバル「BRZ」)を探してみると、2012年式、走行距離2.5万km、車検整備付きで総額189万円でした。新車で買おうとすれば300万円を超える車ですし、スポーツカーの入門として買うには価格的にもちょうど良いのではないでしょうか。スポーツカーというにはエンジンが非力という意見もありますが、公道を走るだけなら十分です。

 

トヨタ「86」よりも早く登場し、マニュアルのハイブリッドスポーツカーとして話題になったホンダ「CR-Z」。2013年式、走行距離1.2万km、車検の残りが約1年で総額191万円という車が見つかりました。トヨタ「86」もそうですが、後部座席は荷物用、もしくは非常用と割り切る必要があります。その分どちらもコンパクトなので、運転するには取り回しも楽そうです。

 

中古で安く買う場合、日産のフェアレディZも年式によっては150万円ほどになっていたりと、かなりお手頃な価格になっていますが、エンジンが大きいので(3.0L~)税金が高くなってしまいます。その点、トヨタ「86」やホンダ「CR-Z」はそれぞれ、2.0Lと1.5Lなので、税金が安くなりますし、タイヤも小さい分だけ安くなります。

スポーツカーの場合、改造車かどうかというのが一つの大きな目安になります。スポーツカーを改造しながら「大人しく」走るとはなかなか考えられないですよね?まぁ、必ずしもそうとは限らないのでしょうか、やはり「無改造」というのは安心材料の一つでもあります。また、記録が残っているならサーキット走行の有無もわかるといいですね。別にサーキット走行した車が全部ダメという訳でもありませんが、走った後のメンテナンス次第では車の状態に大きく影響しますからね。あとは、やはり出来る限り試乗してみることです。

まとめ

今回は初めて車を買う人のため、いくつかの目的別に自動車を探してみました。中古車なんて、と思っていたかもしれませんが、以外といい車が買えることがわかりました。たとえどんな車でも、一番最初に買った車というのはいつまでたっても記憶に残るものです。予算と目的をよく考えて、思い出に残りそうな一台を探してみてください。

 

データ参照サイト様:http://www.carsensor.net/
(2015年8月~9月のデータ参照)

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件