【軽自動車編】乗り出し30万円前後!おすすめの中古車をピックアップ

例えば、

・仕事で地方へ転勤になってしまい何かと車がないと不便だから車が欲しいけど、、、

・何年かたったらまた都市部へ転勤するはずなので、そうなったら車は不要、、

・したがって、あまり高い車はいらない。

という場合など、とにかく動けばいい、というレベルの車として、今回は総額30万円前後でどのような車を購入できるかを検討してみます。なお、今回の対象は軽自動車としています。

安い車を買う際のポイント

少しでも安く車を買おうという場合、修理歴の有無は大きなポイントになります。もちろん、修理歴があったほうが安くなりますが、一口に修理歴といっても廃車寸前になったものからちょっと凹んだだけのものなど、かなり差があります。

修理歴がなくても結構痛んでいる車がある一方で、修理歴があっても微々たるものという場合も珍しくないので、最終的にはお店にいって試乗するなど、自分の目で確かめるのが確実です。

早速予算30万円で車を探してみる

さて、諸費用込みで30万円ということは、手数料などを考えれば車両価格は20万円ほどになります。中古車検索サイトで「車両価格25万円未満」「修理歴無し」で検索してみると、約2万台が見つかりますが、なんと車両本体価格「1円」「100円」「500円」という車がずらっと並んでいます。そういった車は車検が切れているものが多いので、車検整備込みの総額となると10万~20万円ほどになります。

プレオ中古車

(2015年7月12日のデータ参照

 

しかし、全てが車検切れという訳でもなく、中には1年近く残っているのに、総額16万8千円という車もあります。

kei660中古車

(2015年7月12日のデータ参照)

 

また、車検の残りが1ヶ月程度で総額5万円という車も見られます。もしも、車検を安くやってくれるお店にあてがあるなら、こういった車を買うのも一つの手かもしれません。

ライフ中古車

(2015年7月12日のデータ参照)

 

安い理由

 ここまでで紹介した車は激安であるかわりに、年式が古かったり(10年落ち)、走行距離が長かったりと(10万km超え)、安いなりの理由があるのがわかります。ただし、タクシーや営業車、トラックといった商用車は平気で10万、20万km、中には30万kmを走るといいますから、多少走行距離が長くてもすぐに壊れるということは無いと思われます。

ただし、さすがにサスペンションやシートといった乗り心地に直結するパーツはそれなりにへたっていると思われるので、あまり乗り心地は期待しないほうが良いと思いますが。

 

総額35万円で中古車を探してみる

 次に今回の予算の上限として、総額35万円だったらどのくらい状態の良い車があるのかを検証してみます。総額35万円以下で検索すると、走行距離10万km、2008年式、修理歴無し、車検整備付きという車がちょうど35万円でした。走行距離は長めですが、7年落ち、修理歴無しということを考えれば十分お買い得と言えるのではないでしょうか。

走行距離10万kmは長いと思われるかもしれませんが、例えば、見た目がちょっと古いタクシーに乗ったとしても、それほど乗り心地が悪いということはまずありません。そう考えると、実際に乗って走ってみると意外と普通に走ることがわかると思います。

エッセ中古車

(2015年7月12日のデータ参照)

 

状態の良い車をあるにはある!

中には次ような車も見つかります。9年落ち、走行距離5.2万km、修理歴無し、車検整備付き。走行距離も短いし、かなり状態の良い車ではないでしょうか。

エッセ中古車2

(2015年7月12日のデータ参照)

 

年式の新しい車も!

 次に年式の新しい車を探してみると、4年落ち、走行距離5.5万km、修理歴無し、車検整備付きで35万円という車が見つかりました。年式も新しく、走行距離も短め、修理歴もなければ、車検整備付きととった上でこの価格というのは、かなりのお買い得車といっていいでしょう。

ミラ中古車

(2015年7月12日のデータ参照)

 

総額30万円で探してみる!

 もう少し予算を下げて、総額30万円ではどうでしょうか。見つかったのは、11年落ち、走行距離13万km、車検整備付き、修理歴無しで、30万円という車。乗り心地はどのような状態かわかりませんが、とりあえず走ることに関しては問題ないでしょう。

タント中古車

(2015年7月12日のデータ参照)

 ちなみに、年式が古かったり走行距離が長いのを気にしていては、ここまで安い車はとても買えないので、その辺はもう気にしないくらいの気持ちが必要になりますね。

 

30万円の車は車検ごとに乗り換えていくのがベスト!

 ところで、車検整備つきで30万円の車であれば、いっそのこと次の車検は受けず、同じような車検整備付き、もしくは残り車検期間が長いものを2年毎に買い換えるという方法もあります。単純計算すれば1年あたり15万円になりますね。

これがもし、150万円の車を10年乗ろうと思ったら、その間の車検や点検など、維持費がそれなりに必要になります。2年毎に買い換えるのであれば車検のためのお金は不要ということになるので、ランニングコストを結構安くすることが出来ます。それに、万が一ぶつけたりしたときに精神的ショックも少なくすみそうですし、ちょっとした傷程度だったら修理しないでそのまま乗るというのも「あり」ですね。

 

予算30万円で購入できるオススメの車種

 激安中古車をいくつか紹介してきましたが、そんな中、お勧めの車をいくつか紹介したいと思います。

軽自動車のトップをひた走るダイハツ「タント」

おすすめの中古車タント

(2015年7月13日のデータ参照)

人気車種なので見つけやすいのメリット

 人気車種のため在庫も豊富とあって、すぐに程度のよい車が見つかります。走行距離8.4万km、2006年式、修理歴もなく、車検整備付きで総額で約28万円となっています。昔の型とはいえ、室内は十分広くて使い勝手も良くなっています。

中古車となるとなかなか自分の欲しい色などを見つけるのが難しい場合もありますが、在庫が豊富にあるため、自分好みの1台が見つかる可能性も高くなります。また、人気があったということは良い車だという目安にもなりますから、車に詳しく無い人にとっては、発売から売れ続けているタントを選ぶというのは無難な選択といえます。

 

軽自動車は貧乏人の車?スズキ「アルト」

オススメの中古車あると

(2015年7月13日のデータ参照)

 

安く簡素に余計なモノなし!

スズキ「アルト」は、スズキ社長の「軽自動車は貧乏人の車」発言を実現しているかのような車です。豪華装備はなく、とにかく簡素に安く仕上げられているのが特徴といえば特徴でしょうか。余計なものはいらないから、少しでも程度のよいものを、少しでも安く、という人にお勧めです。

 

隠れた名車 三菱自動車「アイ」

おすすめ中古車ai(2015年7月13日のデータ参照)

見つかったのは2007年式、走行距離8.5万km、修理歴無し、車検整備付きで総額約30万円という車。「タント」や「ワゴンR」のようには売れていないので在庫は少な目ですが、古い年式が多いので全体的に安くなっています。

贅沢な軽自動車

 電気自動車の「アイミーブ」と同じボディの軽自動車ですが、かなり意欲的な軽自動車です。エンジンが後輪付近(トランクの下)にあったり、車の底部分に導風板と呼ばれるものがついていたり、ワイパーブレードも2本の骨組みを組み合わせた珍しいタイプのものが使ってあったりと、おそらく今同じ軽自動車を作ろうと思っても(コスト的な理由で)作ることは出来ないであろう、贅沢な仕様となっています。見た目も可愛らしく、古くささがないというのもポイントです。

 

車高が高い四駆 パジェロミニ

おすすめ中古車パジェロミニ(2015年7月13日のデータ参照)

2004年式、走行距離9.7万km、修理歴無し、車検整備付きでぴったり30万円の車が見つかりました。

雪国では特におすすめ

 雪国などでは車高の高い四駆の人気が高いですが、代表格ともいえるスズキ「ジムニー」は人気があるためか全体的に価格が高めとなっており、総額30万円となるとかなり年式が古くなってしまいます(平成一桁台)。そこまで古すぎず、4WDで車高が高い車となると、三菱自動車「パジェロミニ」がお勧めです。

 

予算30万円で車は意外と購入できる!

 総額30万円と聞くとどれだけボロい車になるんだろうと思われたかもしれませんが、意外と状態の良い車が多く見つかりました。めぼしい車が見つからないどころか、目移りして決められないかもしれません。自分の使い道などをよく考えて、納得のいく一台を見つけられるといいですね。

 

データ参照サイト様:カーセンサー.net

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件