【見ためは変更ナシ?】スバル「レヴォーグ」マイナーチェンジ情報

大きくなったレガシーの代わりに日本国内専用車として登場したスバル「レヴォーグ」がマイナーチェンジしました。といっても、見た目は違いわからず、主に見えないところでの改良が進んでいます。そういえば、国内専用車だったはずが、結局はヨーロッパでも売ることになったそうですね。

レヴォーグマイナーチェンジ

新しく赤のボディカラーも追加されましたが、スバルの赤ってあまりイメージがないです。

アイサイト

今回のマイナーチェンジにより、まず1.6Lと2.0Lの全グレードにアイサイトが標準装備されることになりました。以前はアイサイト非搭載グレードがありましたが、新型エクシーガでもアイサイト搭載モデルのみ(1グレード)となっていますし、ある程度の価格以上の車種はアイサイトが標準装備になっていくのかもしれません。

レヴォーグアイサイト

多少価格が上がるかもしれませんが、無くて困ることはあっても、あって困ることはない装備なのは確かなので、これは良い傾向ではないでしょうか。今ではメーカーを問わずエアバッグが全車種に標準搭載されるようになりましたが、エアバッグだって過去にはオプション扱いだった時代がありましたからね。

グレード

1.6L、2.0LともにベースとなるGTグレードのほか、上級グレードのGT-Sがあります。GTグレードではサスペンションのダンパーが新しいものに変更されています。旧モデルを試乗したときにはそれほど不満を感じるようなことはありませんでしたが、スバルとして改良すべきと判断したのでしょう。

ほかには、制振材、吸音材などを追加することで車内の静粛性を増しています。マイナーチェンジで静粛性が向上されたという記事を見るたびに、こういった吸音材なんかは最初からけちらずに出来るだけ詰めておけばいいのに、と思ってしまいます。

燃費

1.6GTでは燃費が旧モデルから0.2km/L向上していますが、たった0.2km/Lじゃ実際にはあんまり違いがないのではないかと思うかもしれません。たぶん、運転していても実感することはないと思います。思いますが、エコカー減税の対象になるかどうかはどこかで線引きされてしまいますから、0.1km/Lの違いでも減税になるかならないか、というのは営業上大きな意味があります。それに、0.2km/Lの改善が5回続けば1km/Lになるわけですから(そう簡単な話ではないことはわかっていますが)、やはり地道な努力が大切です。

 

車を最も安く購入する裏ワザ。
ご存知でした?


車を安く購入する上で「ほとんどの方が見落としがちな盲点」とは。

私はこの方法で乗り換え事に新車40万安く購入しています。誰でもできるので、乗り換え検討中の方はご覧ください。

>>より安く車を買うために必須の条件